「日本スキー選手権」と「大日本体育協会スキー部」の創設(1922年)

大正11年(1922年)2月11日、妙高高原赤倉山で「日本スキー選手権」が開催された。

この大会は、東京スキー倶楽部主宰、万朝報社の後援で行われた。種目は滑降3500、滑降1500、継走(リレー)、クリスチャニアスラローム、テレマークスラローム。(僕自身この2つのスラローム競技を見たことがないので、想像する限りクリスチャニアはパラレルターンでの回転、テレマークは両足を前後に開いたままの姿勢で回転、なのかな?)
参加者は中学・専門・倶楽部の選手で、テレマークでは参加選手全員が転倒したため入賞者なし(転倒者は失格という規定があったため)。授賞式では大日本体育協会の近藤茂吉がメダルを授与した。
ちなみに2日後の2月13日には、高田で「全国スキー大会」が開催されている。

3月には大日本体育協会内でスキー部が設置された。当時協会では様々なスポーツ部が設置されていたが、協会内でスキーに関心のある人物があまりいなかった。そこで常務理事をしていた近藤茂吉が岸清一会長を説得してスキー部の創設にこぎつけたのである。
委員長は堀内文治郎、委員に二荒芳徳、外山高一、太田孝之、鹿子木員信、神尾錠吉、河本禎助、稲田昌植、近藤茂吉。

体協スキー部が創設されると、今度は他のスポーツ部と同様に全日本選手権の開催も検討され、翌年の1923年に第1回大会の開催が実現する事となった。場所は北海道・小樽市。参加地区は樺太・北海道・東北・信越・関東の5地区で、関西は参加見送りとなった。

開催にあたり競技規定も作成することとなったが、稲田昌植が熟慮しノルウェー・ホルメンコーレン大会の規定を参考に「全日本スキー選手権大会競技規定」が作られた。優勝地域には「朝香宮賜杯」が送られる運びとなった。
[PR]
by wataridori21 | 2009-07-20 07:00


<< 第1回全日本スキー選手権大会(... 遠藤吉三郎・木原均「最新スキー... >>