日本選手団の帰国と日本の冬季五輪招致(1936年)

1936年(昭和11年)2月17日、五輪を終えた日本選手団はガルミッシュを発った。

17日にチェコのスピンデルミューレン、そして25日にノルウェーのオスロに到着。そこで開かれたコルメンコーレン大会に出場、しかし距離競技で日本勢は思うような結果が出ず、オスロの人々は「どうして栗谷川を連れてこなかったか、彼は強かった」と質問してきたという。栗谷川平五郎は今回の五輪には参加していなかったが、1932年のレークプラシッド五輪・複合で18kmを3位通過し、ジャンプでは転倒したがジャンプの飛距離もかなりの好成績を残しており、1933年のホルメンコーレン大会にも出場するなど、オスロではかなり有名になっていた。

3月5日、日本選手団はオスロを出発し、6日にベルリン、10日パリと観光して、13日マルセイユ発の郵船・榛名丸に乗船し、4月17日に帰国した。

一方、日本では1月18日に山形県米沢市で第9回全日本学生スキー選手権が開催。距離50kmで三上保、18kmで上島宏二と北大生が優勝、複合競技とジャンプ競技で菊池富三、32kmリレー(村井三男、乙黒秀秋、前田文雄、岡村英夫)で優勝と、早大を押しのけて明大が頭角を現し、北大・明大の2強時代の到来が予想された。

2月9日には新潟県小千谷で第14回全日本スキー選手権大会が、神宮スキー大会を兼ねて開催。

この大会から男女ぞれぞれ回転・滑降の2競技が行われた。男子回転・成年の部で次井晨(赤倉)、女子・成年の部で菅原サカエ(大館)、男子滑降・成年の部で市来登、女子・成年の部で小逸見カツ(妙高)が優勝。
距離18km成年の部で軍隊から戻ってきた松橋朝一が優勝。複合・成年の部で菊池富三(明大)、ジャンプで森敏雄(明大)、40kmリレーで明大(村井三男、前田文雄、菊池富三、岡村英夫)と、ここでも明治大学の活躍は群を抜いてきた。

この年、次回の冬季五輪(1940年)の開催地に、日本が立候補を表明した。

日本が五輪招致に熱心だったのは、この年ドイツでの夏季・冬季五輪の成功が刺激になり、日本の国際的な知名度を上げる目的として有益と考えたからである。

夏季五輪の候補地は東京で決まったが、冬季五輪の候補地で議論が巻き起こった。当時の「オリンピック憲章」では、「冬季五輪は、夏季五輪の開催国において冬季競技が十分に行える場合は、その国に選択権を与える」という規定があった。つまり、夏季五輪が東京で決まると冬季五輪も日本国内で行われる事となる。
その為、大日本体育協会を中心に「冬季オリンピック会場選定委員会」が発足。そしてこの委員会が開催地選定を行ったのだが、立候補する地区がいくつも出てきた。立候補したのは札幌・日光・霧が峰・志賀高原・菅平・乗鞍で、委員会メンバーは全ての地区を視察してまわった。

条件として第一に挙げられるのは、スキーの他にスケートとボブスレー競技か開催できるかどうかであり、まず長野県の4つの地区は除外され、残ったのは札幌と日光。しかし日光は東京から近いというだけで、スキーやスケートの全国大会の実績が殆ど無い。それに対し札幌は大倉山シャンツェを筆頭に冬季競技の施設が充実しており、スケートの大会も数多く開催されているなど、実績が段違いであった事から、最終的に札幌に落ち着く事になった。
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-26 18:47


<< 第5回冬季五輪の札幌開催決定(... ガルミッシュ五輪と伊黒正次の7... >>