「第5回諏訪湖1周スケート大会」と「諏訪湖スケート会」の設立(1913年~1915年)

大正2年(1913年)2月、第5回諏訪湖1周スケート大会が開催された。

この大会も5回目ともなると全国的に知名度が上がり、エントリーした選手は200人を超え、関東地区からは「京浜氷滑観覧団体」なるスケート観覧を目的とした観光団体まで訪れる一大イベントに発達。大会当日朝の中央本線上諏訪駅は選手・観客で溢れた。
順位は、1位・井上繁雄(48分55秒)、2位・小林茂(48分56秒)、3位・藤森伊三郎(49分32秒)

大正3年(1914年)10月、諏訪湖スケート会が設立された。本部は下諏訪町、事務所は下諏訪町役場に置かれ、会費は、通常会員(本町民)・50銭、正会員・1円、特別会員3円、名誉会員・5円。会長は土橋実也、副会長は浜孝吉、会員には法学士・農学士・工学士を始め、貴族院議員、日銀・郵船などの幹部、大学講師、海外から赴任の領事・公使ら外国人も多数が名を連ねた。

大正4年(1915年)2月11日、中国の奉天で第1回満州氷上運動会が開催。この大会はその後「全満スケート大会」に発展、この大会は終戦近くまで続いた。

しかしここからスピードスケート界の発達のペースが落ちた。全国各地でスケート会が設立されたが、横の連携があまり進まず、その後急速に発達したフィギュアスケートに、次第に人気が移っていった。そして大正5年(1916年)2月、諏訪湖1周スケート大会は第8回大会をもって終了した。


ちなみに海外でのスピードスケート界では、1893年に開始された世界スピードスケート選手権大会が、1914年のオスロ大会で通算22回目を迎えた。この大会でノルウェーのオスカー・マティーセンが大会3連覇、通算5度目の金メダルを獲得。オスカーは500m・1500m・5000mで当時の世界新記録を樹立した。

この1914年は第1次世界大戦の開戦の年であり、この戦争の影響で翌年の世界スピードスケート選手権大会は中止、終戦後の混乱もあり、大会は1921年まで行われず、1922年2月に復活した。
[PR]
by wataridori21 | 2009-09-27 08:07


<< フィギュアスケートの始まりとジ... 第2回~第4回諏訪湖1周スケー... >>