日本シリーズ第一戦

日本シリーズ・中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズが始まった。

試合結果から言うと、4-2で中日の勝利、ドラゴンズが一歩リードした格好だ。
勝負の分かれ目は先発の出来。まさに大舞台での経験の差といったところか。

ファイターズ先発のダルビッシュ有投手は初回こそ無難に切り抜けながら2回・3回と崩れた。
完全に球場の雰囲気に飲まれてしまい、明らかに冷静さを失っていた。
ダルビッシュのコメント
「(3回は)チームが同点に追いついてくれた直後の失点。まだまだ、自分が未熟であることを痛感しました」(asahi.com 10/21付)

一方のドラゴンズ先発・川上憲伸は序盤こそ不安定な立ち上がりだったが、中盤からエンジンが掛かり気迫のピッチング、8回2失点の好投。
川上のコメント
「へんな脂汗もかいて苦しかったけど、4回からは工夫したピッチングがなんとか出来た。勝つことしか頭になかった」(nikkansports.com 10/21付)


個人的に面白かったのは今日のTBS試合中継での解説が前中日監督の山田久志氏だった事。試合中に中継席で彼の顔が映ったのだが、その表情に、明らかに不機嫌そうなものが出ていたことだ。
山田久志は中日監督時代の2年間、川上投手を徹底的にエースとして鍛え上げていた経歴がある。だから今日の川上の投球に不満が多かったのだろう。

「フラフラしやがって、なんだ今日のピッチングは、それでもエースか!」

こんな感じだろうか?

今年、山田氏は野球殿堂入りを果たした。決まった直後に川上投手は山田氏に手紙を送ったという。たしかこんな内容だった。

「あなたのような偉大な投手のもとでエース教育を受けたのを忘れません。オフに優勝報告と殿堂入りのお祝いをさせてください」

尊敬する師の前で勝利投手となった川上憲伸投手。内心、山田氏はとても喜んだに違いない。
[PR]
by wataridori21 | 2006-10-21 23:17


<< 日本シリーズ第二戦 理想の監督像 >>