日本シリーズ第五戦

新庄劇場の終焉

日本シリーズ第五戦・北海道日本シリーズ対中日ドラゴンズは4対1で日本ハムの勝利となり、ファイターズが44年ぶり2度目の日本一(1度目は東映フライヤーズ時代)となった。

先発は日本ハム・ダルビッシュ有、中日・川上憲伸と第一戦と同じ顔ぶれ。初回から両投手ともに気合の入った投球で試合は中盤へ…

4回表、3塁に走者を置いて中日・荒木雅博のタイムリー内野安打で先制。しかし5回裏に走者を3塁に置いて日本ハム・金子誠の同点スクイズで1-1。
試合を決めたのは6回裏、ファイターズ4番セギノールの決勝2点本塁打で3-1。8回裏にはこのシリーズMVPとなった稲葉篤紀のダメ押しソロ本塁打が飛び出し、最終回へ…

9回表、ファイターズの守護神・マイケル中村から打ったドラゴンズのアレックスの打球を森本稀哲がつかんだ瞬間、日本ハムの日本一が決まった。

今日は何よりも新庄剛志選手。

8回裏の最終打席での三振はいかにも彼らしいフルスイングだった。プロ初打席となった阪神タイガース時代、1991年東京ドームで読売ジャイアンツ・香田勲男から放った初打席・初安打・初打点…それから15年、本当に素晴らしい選手だった。

新庄選手、ファイターズの選手達、本当におめでとう!


…ところで、新庄選手、アジアシリーズは出場するんですよね?
[PR]
by wataridori21 | 2006-10-26 22:29


<< 永遠のスター・新庄剛志 日本シリーズ第四戦 >>