カージナルスが世界一!

アメリカ大リーグのセントルイス・カージナルスがデトロイト・タイガースに勝利し、ワールドチャンピオンとなった。

カージナルスの3勝1敗で向えた第5戦、本拠地・ブッシュスタジアムで行われた試合で、田口壮選手は8番左翼で先発出場。

2回裏、1塁走者を送る3塁線ギリギリの技ありの送りバント。後にこの走者がホームを踏みカージナルスが先制。
その後タイガーズが逆転し1-2となったが、4回裏には田口がセンター前ヒットを放ち、続く打線が繋がり田口は生還、この回に2点を取り再逆転、スコアは3-2。
7回裏にも1点を加え4-2、試合はそのまま逃げ切りカージナルスの勝利…


おいおい、ワールドチャンピオンだよ…


遂にやったね


5年間の悲願が達成できた。なにせワールドチャンピオンなんだから…


今のところ(19時35分現在)、彼の公式サイトではまだコメントが出ていないが、更新を待つとしよう。

ネットでは田口選手のコメントが発表されている。

「これが現実であることが信じられない。みんなのエネルギーを合わせたからこういう結果になった」(スポニチ Sponichi Annex10/28付より)


とにかく田口壮選手、ワールドチャンピオンおめでとう!
[PR]
by wataridori21 | 2006-10-28 19:34


<< フィギュアスケート・グランプリ... 永遠のスター・新庄剛志 >>