神崎範之選手(フィギュアスケート選手)

現在アメリカ・コロラドスプリングスにて行われている、フィギュアスケートの四大陸選手権にて、日本代表メンバーの1人として出場しているのは神崎範之選手(京大大学院)

神崎選手といえば「ヨン様」。去年、大阪で行われたエキシビション「メダリスト・オン・アイス」で「冬のソナタ」のテーマに乗って華麗に舞った姿は印象的だったね(ちなみに冬ソナ演技を勧めたのは元日本代表選手だった田村岳斗コーチ)

彼は10代の頃は無名の選手で、小さい頃からフィギュアスケートをしていたが、学業の関係で、途中スケートから離れていた時期もあり、大きく伸びたのは京都大学時代、つまり他の有力選手に比べて遅咲きの経歴の持ち主。
大学時代の2004年12月の全日本選手権で7位入賞、05年にはドイツ・オベルストドルフで開催されたネーベルホルン杯で2位となり銀メダル獲得。同年の全日本選手権で10位、06年全日本選手権で自己最高の4位入賞を果たす。
そして今年(07年)ユニバーシアード冬季大会では7位入賞、そして今回の四大陸選手権で日本代表選手として出場、まさにスケート人生の絶頂期に当たるといっていいかも知れない。

しかし残念な事に、神崎選手は今季限りで引退する意向であり、事実上今回が最後の国際大会出場ということになりそうだ。華麗なる「ヨン様ジャンプ」がもう観れないなんて、その上この大会は日本ではテレビ中継もなし(今月下旬に録画放送はあるそうだが)、観れない…(涙)

本当に残念、それだけに是非彼には「有終の美」の飾って欲しいな。
[PR]
by wataridori21 | 2007-02-08 20:36


<< 四大陸選手権・女子ショートプログラム 全国中学校スキー大会の現状 >>