湘南ベルマーレ(旧・フジタ工業サッカー部)

1.JSL時代(フジタ工業サッカー部)

湘南ベルマーレの前身はフジタ工業サッカークラブ。

1968年に株式会社藤田組の子会社・藤和不動産が「藤和不動産サッカー部」として設立。当初、栃木県の地域リーグから出発したのだが、リーグ戦ではあまりにも強くて他チームは全く歯が立たず69年にリーグ優勝し関東リーグに昇格。

更に勢いは止まらず、71年に全国社会人サッカー選手権大会で優勝、同年入れ替え戦を経てJSL(日本サッカーリーグ)1部に昇格。(この翌年からJSL2部制がスタートした為、初めから1部に所属した)1975年、チームは藤和不動産から親会社のフジタ工業に転籍し、フジタ工業サッカー部に名称変更。

1977年にJSL1部で初優勝し、直後の天皇杯も優勝。リーグ戦優勝3回(1977、79、81年)、天皇杯優勝2回(1977、79年)とこの時期、チームは黄金期を迎える。この時期に所属していた選手には、セルジオ越後、古前田充、植木繁晴、上田栄治らがいて、彼らはその後の日本サッカー界に多大な貢献をすることとなった。

しかしその後は年々成績が振るわなくなり、1990年にはJSL2部に降格、その際にチーム名も「フジタサッカークラブ」に変更、JSLラストシーズンとなった1991-92年リーグ戦では2部優勝を飾り、同年4月に開幕したJFL(ジャパンフットボールリーグ)1部に参加、93年には見事に優勝を飾り、準優勝のジュビロ磐田とともに94年からのJリーグ参加を果たした。

2.Jリーグ時代(ベルマーレ平塚時代・1994~99年シーズン)

1994年、Jリーグ初参加となったこの年、フジタ工業OBの古前田充監督が指揮を取り、第2ステージ2位と健闘し23勝21敗の総合5位。その後に天皇杯では何と優勝を飾った。
フォーメーションは4-4-2。野口幸司・アウミールの2トップ、中盤は左サイドに岩本輝雄、右サイドにベッチーニョ、ボランチにエジソン・田坂和昭、4バックに公文裕明・名塚善寛・渡辺卓・名良橋晃、GKに小島伸幸。

1995年は、その後日本代表の中心選手となるMF中田英寿、FW呂比須ワグナーが加入するなど抜群の陣容を整えたが21勝31敗で総合11位、96年も12勝18敗で11位、97年も18勝14敗で総合8位、98年も16勝18敗で総合11位。98年途中に中田英寿は海外移籍。

最も戦力が充実していた1997年シーズンのフォーメーションは4-4-2。呂比須ワグナー・野口幸司の2トップ、中盤は左サイドに岩本輝雄、右サイドに中田英寿、ボランチに松川友明・洪明甫、4バックに高田哲也・名塚善寛・クラウジオ・公文裕明、GKに小島伸幸。

そして1998年オフにチームの命運を決める出来事があった。筆頭株主のフジタが、本業の業績不振を理由に経営から撤退したのである。その為主力であったFW野口幸司、MF田坂和昭、DF名塚、DF渡辺卓、DF公文裕明、DF岩元洋成、GK小島伸幸といった選手が一斉に放出されてしまった。

1999年は下馬評通り、悲惨なシーズンとなった。4勝25敗1分けで総合16位となり、J2降格が決まったのである。

3.Jリーグ時代(湘南ベルマーレ時代・2000~2006年)

2000年、チームはベルマーレ平塚から「湘南ベルマーレ」に名称変更した。それまで平塚市のみをホームタウンとしていたが、フジタの撤退を受けて湘南地区全体でチームをバックアップする運営に転換したのである。
チーム選力のテコ入れを図り、GK伊藤裕二、DF白井博幸、MF前園真聖、FW松原良香を補強し、加藤久監督の体制で再出発。
しかし蓋を開ければ15勝24敗1分けで8位と低迷してしまい、加藤久監督が解任。その上この解任を不服とした前園真聖・松原良香らがチームを離脱、再び混迷を深めることとなった。

2001年、田中幸司新監督の指揮の下、栗原圭介・高田保則の2トップ、そこにコロンビア代表のDFパラシオスがセンターバックに入り、20勝20敗4分けで8位。02年は16勝12敗16分けで5位と躍進。
この時のフォーメーションは3-5-2。栗原圭介・高田保則の2トップ、トップ下は鈴木良和、左サイドは坂本紘司、右サイドは梅山修、ボランチは熊林親吾・吉野智行、3バックは白井博幸・パラシオス・時崎悠、GKに鈴木正人。

03年は飛躍が期待されていたが11勝22敗11分けで10位、04年も7勝22敗15分けで10位と低迷。04年シーズン途中から上田栄治が監督に就任している。
05年は13勝16敗15分けで7位となったが、オフにはFW高田保則、MF鈴木良和、MF吉野智行などレギュラークラスを一斉に放出、06年はMFアジエルなどを補強して臨んだが13勝25敗10分けで11位と低迷。シーズン途中に上田監督は辞任し、菅野将晃が後任を務めた。

07年シーズンは、開幕前までに斉藤俊秀・ジャーン、そして元ベルマーレ平塚の名良橋晃を補強してディフェンスラインの強化をはかり、巻き返しを狙っている。
[PR]
by wataridori21 | 2007-07-22 11:41


<< ジュビロ磐田(旧・ヤマハ発動機... 横浜フリューゲルス(旧・全日空... >>