セレッソ大阪(旧・ヤンマーディーゼルサッカー部)

1.ヤンマーディーゼルサッカー部時代

セレッソ大阪の前身はヤンマーディーゼルサッカー部である。
1957年に設立、1965年に開幕したJSL(日本サッカーリーグ)の初代メンバーの名を連ね、リーグ戦の優勝は4回(1971年、74年、75年、80年)、天皇杯での優勝は3回(1968、70、74年)を数える。そして何よりも、「日本サッカー歴代№1ストライカー」の異名を持つ釜本邦茂が在籍した名門チームだった。

1991年にJFA(日本サッカー協会)が発表したJリーグへの参加は当初は財政面などで実現出来ず、1992年に開幕したJFL(ジャパンフットボールリーグ)に参加。
1993年には、Jリーグ参加を目指してヤンマーサッカー部を母体に「セレッソ大阪」を設立。チームスポンサーもヤンマーの他に、日本ハム・カプコンなどが共同出資して実現したのだ。

1994年、JFLで優勝したため、95年のJリーグ参加が決まった。

2.Jリーグ時代(1995~2001年)

Jリーグデビューとなった1995年のフォーメーションは3-5-2。森島寛晃・バルデスの2トップ、トップ下にマルキーニョス、左サイドに神田勝夫、右サイドに木澤正徳、ボランチは梶尾智・皆本勝弘、3トップに村田一弘・トニーニョ・川前力也、GKにジルマール。この年は25勝27敗で8位となった。

1996年も、前年からオランダ留学していた西澤明訓が途中復帰したが、10連敗を含む10勝20敗で13位と低迷、97年は16勝16敗で初の勝率5割となり11位、98年は韓国代表(当時)の黄善洪を獲得して15勝19敗ながら9位。

99年はFW黄善洪が得点王を獲得する活躍で19勝11敗で6位と大きく躍進、しかし黄善洪はこのシーズン限りで移籍。
2000年はFW西澤明訓の活躍などで第1ステージ2位となり、17勝13敗で総合5位。続く天皇杯もベスト8進出を果たした。
この年のフォーメーションは4-5-1。西澤明訓の1トップ、中盤はトップ下に森島寛晃、左サイドに西谷正也、右サイドに慮廷潤、ボランチに尹晶煥・田坂和昭、4バックに鈴木悟・斎藤大輔・藏田茂樹・清水和男、GKに下川誠吾。

2001年は、前年の躍進の後だけに期待されたが、8勝20敗2分けと大きく負け越してしまい16位となり、J2降格が決まった。

3.Jリーグ時代(2002~2006年)

2002年は試練のシーズンだったが、若手成長株の大久保嘉人、前年に海外移籍していた西澤明訓の活躍などが光り25勝7敗12分けで2位、1年でJ1復帰を果たした。

2003年は第1ステージを5位で折り返す健闘を見せたが失速し12勝14敗4分けで総合9位、04年は6勝16敗8分けとなり、あわや入れ替え戦突入の15位。オフに大久保嘉人が海外へレンタル移籍した。

2005年はFW西澤明訓・MF下村東美の活躍などで16勝7敗11分けで5位に躍進。フォーメーションは3-6-1。西沢明訓の1トップ、トップ下に古橋達弥・森島寛晃、左サイドにカルロス、右サイドに久藤清一、ボランチにファビーニョ・下村東美、3バックに柳本啓成・クアドロス・前田和哉、GKに吉田宗弘。

しかし2006年に落とし穴が待っていた。シーズン途中に加入の名波浩の活躍などがあったが、6勝19敗9分けで17位となり、2度目のJ2降格となった。

2007年は都並敏史監督の指揮の下に、巻き返しが期待されている。
[PR]
by wataridori21 | 2007-07-24 22:59


<< 京都サンガF.C.(旧・京都紫... 柏レイソル(旧・日立製作所サッ... >>