<   2006年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

締めくくりの投稿

今回で今年は最後の書き込みとなります。

10月のブログ再開から3ヶ月近くが経過しました。
この間、尋ねてきて頂いた閲覧者の皆さん、本当に有難うございました。

来年もスポーツ関係の話題を気まぐれに書き続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。

それでは皆様、良いお年をお迎えください!

管理人 渡り鳥
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-31 21:40

日本プロ野球の今後

2006年も今日で最後となった。

今年はトリノ五輪・ワールドカップサッカー・高校野球・競馬・フィギュアスケート等、沢山のスポーツの話題が目白押し。数え切れないほど話題があって一度には思い出せないほどだ。本当にいろいろあった1年だったね。

今日は久しぶりにプロ野球の話題を書く。

今日、本屋で最近買っていなかった週間ベースボールを立ち読み…すると石田雄太氏のコラムがあった。その時に走り読みしただけなので詳しくはそのコラムを読んでいただきたいのだが、そこには日本プロ野球の今後について書かれてあり、主にポスティングシステムによる日本人選手のアメリカ大リーグ移籍がもたらす影響がどんなものか苦言を唱えている。それを読みながら僕は、将来の日本プロ野球界がいかに危機的状況であるか考えさせられた。

僕自身は、ポスティングシステムについては反対の気持ちでいる。財力のない球団は、主力選手がFA権をとる前に、在籍年数がわずか数年で大リーグに高く売りつけて赤字を埋める選択をするというのは、紛れもなく日本球界の衰退を招くからである。まさにアメリカ大リーグに対する、事実上の日本プロ野球の「マイナーリーグ化」となるのではないか。

しかし現在の状況を見ていると、まさしくその流れになってきている。石田氏も書いていたが、松坂大輔投手は予想通りだったが、井川慶投手は意外な感じがした。彼の在籍する阪神タイガースは本来、移籍金にこだわる必要はあまりない球団だっただけにあっさり決まってしまった事には驚いた。何かここ数年で日本のプロ野球界の存在自体が小さくなってしまったような…

FAでの移籍なら選手の権利であるからまだ良いとして、ポスティングでの移籍はとても危険だと思う。1人の超一流選手に50億・100億の資金を動かせるメジャーのチームに選手が流れていく様は、日本プロ野球ファンにとって、あまりにも淋しい。思い入れの強い選手であればあるほどショックは大きいだろう。それも10年くらいプレーしてからならともかく、(仮定ではあるが)入団後3~4年プレーしただけでいなくなるような状況が発生しまったら…なぜ、こんな事になってしまったのだろう。

長く書いてしまったけれど、日本プロ野球の数年先を思い浮かべると、どうしても気が重くなってきてしまう、何とかならないものか、ただ傍観しているしかないのだろうか?
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-31 19:35

全日本フィギュアスケート選手権その3

今、録画しておいた「全日本フィギュアスケート選手権」を観た。

やはり「女王」浅田真央選手、強かった!

何とも優雅にして可愛らしいキャラクターの彼女が、「チャルダッシュ」のテーマに乗ってリズミカルに舞う姿には、見惚れるばかり…

しかし演技1つ1つがとても高度な筈なのにいとも簡単に、だから「天才」なのかな…(汗)

小刻みなステップからトリプルアクセルを決める。3アクセル自体、10年前は夢のジャンプだったはずなんだけどなぁ。先日グランプリシリーズで、解説をしていた伊藤みどり氏が「ジャンプってこんなに簡単なものだったんでしょうか?」と語っていた事を思い出す。

時代は変わった。

これにより3月の世界選手権は浅田真央選手・安藤美姫選手・中野友加里選手が出場することとなる。いずれも世界レベルの強者が揃ったわけだが、改めて日本女子選手のレベルが世界トップクラスに上がって来た事を実感した。

本当に凄い大会だったね。


…しかし、放送席で荒川静香氏・八木沼純子氏の2人が並ぶと迫力を感じる。ここに渡部絵美氏・伊藤みどり氏・佐藤有香氏を加えて「夢のファイブショット!」…なんて事をついつい頭に浮かべてしまった(笑)
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-30 00:10

全日本フィギュアスケート選手権その2

今、男子フリーを見終えた。

いやぁ、スゲエ…

高橋大輔選手、おっそろしい…

彼こそ「怪人」だよね!

言葉もない。一体どこに文句の付ける所があるだろうか?全く信じられない。
とにかく形容する言葉が見つからない。会場では彼のファンが歓喜の声を上げている。中には涙まで浮かべる人まで…そりゃこれを生で観たら、ファンなら泣くよね。

格好イイ!!


他の日本男子選手のハイレベルの演技も凄かった。その中で織田信成選手の悔し涙が印象的だった。
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-29 00:46

全日本フィギュアスケート選手権その1

年の瀬のスポーツといえばこれ、全日本フィギュアスケート選手権。
残念ながら僕自身はこの時期は大変忙しく、まともにテレビも観られないのだが、昨日行われた男子ショートプログラムと、本日行われた女子ショートの録画したものを観た。

順位自体は予想通りで男子は高橋大輔選手、女子は浅田真央選手。この2人についてはもはや何も言う事はないだろう、別格だね。

個人的というか贔屓目に言うと…
男子では小塚崇彦選手。彼のステップは素晴らしい。「サラバンド」のテーマに乗ってのリズミカルなステップシークェンスは見ごたえがあった。
女子では中野友加里選手。レイバックからビールマンへのスピンの連続演技は本当に綺麗。ただ現在の日本女子レベルが高すぎるので、3位止まりなのは可愛そうな感じはするけれど…

今は午後11時28分、もうすぐ男子フリーの録画中継が始まる、楽しみだね。
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-28 23:27

ばんえい競馬と清水宏保選手

先日、北海道帯広市で行われた全日本スプリント選手権にて、ベテラン清水宏保選手は見事な復活劇を演じた。

彼自身、帯広市出身だけに、故郷での活躍は嬉しかっただろう。同年代の僕としても彼の活躍は本当に嬉しい。この調子で今シーズンを乗り切って欲しいね。

さて、帯広といえば最近ニュースで話題となっていた「ばんえい競馬」。スポーツ雑誌Numberにてこのレースの事が写真で紹介されていたので、興味津々で読んでみた。

「ばんえい競馬」とは、重量級の「ばんえい馬」が、騎手と鉄製のそりを曳いて200 mを走り順位を競うレース。経営危機となっていたのだが、最近ソフトバンク系列の会社が支援する見通しとの事。ともかく当面の存続が決まった事はよかった。

実際観戦したらどんな感じだろう?写真を見るかぎり、競争する馬達の姿はなかなか見ごたえがありそう…曳いているそりの後の曲線には独特の雰囲気を感じる。

実は僕自身、どちらかと言えばギャンブルは嫌いなほうで、競馬場はおろか、パチンコ店にすら入った事がない程である。肌に合わないのかな?なんて思っているのだけれど…

でもこのレースは是非見てみたい。こんなレース、もしかしたら一生に一度見れるかどうか分からないかもしれない。チケットを買った気分で馬券買って、生で見たいな。来年あたり北海道へ行って観戦しようかな。「賭け事」の部分を取り除けば、競馬は立派なスポーツ観戦といって良いだろうし♪


…しかし清水選手はこの「ばんえい競馬」の馬券買った事あるのかな?
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-27 01:34

全日本スプリント選手権

少し遅くなったけれど、スピードスケート界のニュース。

12/24、北海道・帯広で行われた全日本スプリント選手権で男子・女子ともにベテラン勢が健在ぶりを見せた。

女子では岡崎朋美選手が500・1000メートルで初日は共に首位、2日目と合わせてともに総合1位で優勝。表彰台では彼女にとって大先輩にあたる橋本聖子・日本スケート連盟会長に優勝杯を授与された。
男子では清水宏保選手が2日目に1000メートルで優勝、そして総合2位。今年はトリノ五輪を含めて成績が振るわなかっただけにインパクトのある結果だった。

僕自身、この2人のベテランには是非頑張って欲しかったので、本当に嬉しい。特に清水宏保選手の復活は良かった。開催地となった帯広の森スケート場は室内リンクに変わる事が決まり、野外リンクとしてはもう見納め…何としても勝ちたかったのではないか。まさに最高の結果だったはずだ。

ちなみに男子総合優勝は前回の長野エムウェーブにて大活躍の長島圭一郎選手。やはりこれから注目の選手となりそう。今後が楽しみ♪
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-26 00:07

カルメン幻想曲と浅田真央選手

フジテレビのドラマ「のだめカンタービレ」が遂に最終回となる。

10月初めに何気なく観ていたら、いつの間にかハマってしまい毎週欠かさず見た。そして最近「のだめオーケストラLIVE!」というサントラCDまで買ってしまった。これはドラマ中に演奏されているクラシック音楽を2枚のCDに収めたもので、ファンには必見の代物だ。

やっぱり、オケはいいなぁ…

しかし最近困った事が!

最近、サントラ1枚目の「カルメン幻想曲」を聞いていると、フィギュアスケートの浅田真央選手の顔ばかり浮かんでしまう。何せエキシビションでこの曲が流れていて、それを通算3回も観たものだから、その上1度は生で…

駄目だ、ジャンプ失敗の姿が浮かんでくる、
もう目に焼きついてて離れない!

真央ちゃん、

カンタービレ!(歌うように!)


千秋、スマン…(笑)
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-25 19:11

苗場スキー場

アルペンスキーの皆川賢太郎選手のブログを観たら、新潟県の苗場スキー場の事が掲載されていた。暖冬の影響で、今年は全国どこのゲレンデも雪不足なのだが、さすがに苗場は積雪量が多いゲレンデなので、スキーヤーにとってコンディションは結構いい状況のようだ。

実は僕は苗場行った事ないんだよね…長野から新潟のスキー場へ行くのは意外とシンドイので…というよりここ2年近くスキーはやっていないんだけれどね(汗)

ブログによると個室休憩所、年間契約ロッカー、大型ロッカー、足湯、大浴場などを揃えた新しい施設ができたとの事。
足湯かぁ…最近はだんだんポピュラーになってきた、確かにたくさん滑った後に入ると気持ちいいだろうから。誰が考えたか知らないけれど、ナイスなアイデアだと思う。いかにも「日本的」な設備だよね。

皆川選手はこの前W杯を控えて練習中に大怪我をしてしまった。靱帯を切るほどの大怪我だけにとても残念だけど、1日でも早く回復させて、元気な姿を見せて欲しいね。

…しかし苗場か、スキーをする気は今の所はないけれど、ユーミンのコンサートは観にいきたいな…なんて思いながらまだ行かずじまいで何年も過ごしてしまった。やっぱり苗場まで行く気持ちにはなりにくい。わりと時間掛かるし…
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-24 21:02

プロフィギュアスケート・アイスショー2006

今日の昼にCS・GAORAにて、11月に開催されたプロフィギュアスケート・アイスショー2006「マイケル・ボルトン・トリビュート・オン・アイス」が放送された。

この大会では、今年トリノ五輪終了後にプロ転向した荒川静香氏が出演していたので、録画して先ほど観た。久しぶりの彼女の演技は素晴らしかった。たしか五輪の時と同じ衣装で登場し、曲も「トゥーランドット」。最後の締めにイナバウアーも決めるなど。やっぱり美しい…どう感想を文字で表現したらいいのか分からないくらい美しかった。

佐藤有香氏も登場、久しぶりに見る彼女の演技も素晴らしかった。引退してからもう10年くらい経ったのかな?熟練したプロの演技、やっぱりいいねぇ…

そして長野五輪を堪能した人ならご存知だろう、イリヤ・クーリック氏。彼は長野五輪にて4回転ジャンプを決めるなど高い技術を披露し他の選手達を圧倒、堂々の金メダルを獲得した名選手だった。シンガーソングライターのマイケル・ボルトン氏の歌に乗りながらの演技、8年前を思い出した。

う~ん、やっぱり演技の内容を文章にするのは難しい。「実際に見てみてください」としか言いようがないかな(笑)

明日の午後9時30分からGAORAで再放送されるそうなので興味のある方は是非みてください。楽しいですよ♪
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-24 00:22