「第1回全日本学生スキー選手権大会」と「第6回全日本スキー選手権大会」の開催(1928年)

昭和3年(1928年)1月、青森県大鰐で「第1回全日本学生スキー選手権大会」が開催された。

全日本学生スキー選手権大会(インカレ)は、全日本大学専門学校スキー競技連盟(後の全日本学生スキー連盟)が主催で設立され、1928年の第1回から2009年1月の開催まで、実に82回を数える歴史ある大会にまで発展した。
学生連盟は大正15年10月に河本禎助を会長に設立され、設立当時の参加校は早大・法大・明大・専大・東京薬専。昭和2年4月に長野県飯山で「第1回大会」を行ったが参加者が少なく、この大会を無効とし、翌年に改めて「第1回大会」として開催したのである。この大会では、日本では初の複合競技が行われている。

ちなみにこの大会では秩父宮雍仁親王が出席している。秩父宮親王は大正天皇の次男であり昭和天皇の実弟だが、スキーとラグビーの親交に多大な貢献をした人物で、「近鉄花園ラグビー場」「大倉山ジャンプ競技場」の発案者でもある。彼はその後日本ラクビー協会会長も務めるなど、皇室出身者にして戦前の日本スポーツ界の功労者だった。

この年はサンモリッツ五輪の開催年でもあり、この大会にトップクラスのスキー選手は参加していなかったが、距離で早大がめざましい活躍を見せた。30kmで早大の東条進、15kmで岩崎三郎、28kmリレーでも優勝(メンバーは山口幸一・萓場哲男・岩崎三郎・東条進)。早大は矢沢・竹節・永田不在でも全く他を寄せ付けないほど選手層は厚かったのである。
一方ジャンプ競技ではやはり北大が圧倒し、1位が伊藤建夫、2位が村本金弥。そして複合でも1位が村本金弥、2位が神沢謙三。
総合成績では、1位が北大(57点)、2位が早大(37点)、3位が明大(7点)。北大・早大がこの大会でもタイトル独占となった。

このすぐ後の2月、北海道札幌で第6回全日本スキー選手権大会が開催された。

札幌での全日本選手権開催はこれが初めてだったが、距離競技・ジャンプ競技でも悪天候で各選手ともに記録が伸びず、特にジャンプでは転倒者が続出した。

距離15kmで長田光男(北大)、30kmで栗谷川平五郎(札鉄)、28kmリレーで札幌RF倶楽部(葛西儀四郎・田村猪三郎・栗谷川平五郎・足羽進三郎)。距離で早大選手が立て続けに遅れる中、北大選手が優勝するなど、早大の惨敗が目立つ大会だった。ちなみにリレーで優勝した札幌RF倶楽部とは、地元・札幌一中とそのOBで結成されたチームで、特に栗谷川の健闘が注目を集めた。

ジャンプでは1位が神沢謙三(北大)、2位が高田与一(樺太豊原)、3位が大森数雄(樺太豊原)。入賞者6人の内、3人までが樺太勢が占める活躍を見せた。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-08-12 06:42

サンモリッツ五輪(1928年)

昭和3年(1928年)2月、日本は冬季オリンピックに初出場を果たした。

冬季五輪は1924年、フランスのシャモニー・モンブランで開催された第1回大会が始まりで、当時は「冬季国際スポーツ週間」と名のり、後に「第1回冬季オリンピック」と認定し、4年後の1928年にスイスのサンモリッツで第2回大会が開催された。

全日本スキー連盟は1926年、FIS(国際スキー連盟)への加盟が認められた際に、FISから第2回冬季五輪への招待状を受け取った。世界のスキー競技の最高峰の大会だけに、連盟の関係者は意欲的に対応、連盟内に黒崎三市・小川勝次・広田戸七郎・鶴見宜信・吉岡竜太郎・中川新の6人のメンバーからなるオリンピック選考委員会を立ち上げた。選考の結果、派遣メンバーは次の通りとなった。

監督→広田戸七郎
主将→高橋昴
選手→高橋昴(距離)、矢沢武雄(距離)、竹節作太(距離)、伴素彦(ジャンプ)、永田実(距離)、麻生武治(複合)

しかし遠征費が連盟にとって大きな問題であり、五輪代表ということで大日本体育協会に要請したところ体協は「同年夏のアムステルダム五輪の会計で余剰金が出ないと支給できない」と返事が来たので、選手達にも遠征費の一部負担を強いる事となった。さしあたり当時の金額で5千円が必要となり、夏季五輪終了後に体協から3千円が交付され、残りの2千円は早稲田大学の武信由太郎スキー部長に頼み込み、早大から借り入れて対応した。

1928年1月、日本選手団はヨーロッパに飛びイタリアに入国、コルチナ・ダンペッツォで開催する国際学生スキー大会に出場した。五輪出場前に国際大会に慣れる為の出場だったが、これが日本のスキー選手による初めての国際大会への出場となった。
結果は、16km距離で矢沢武雄が4位、竹節作太が6位。滑降で永田が4位、矢沢が6位。回転で永田8位、竹節が9位。予想外の健闘に連盟幹部は喜んだ。

そして日本選手団はスイスに入国、2月11日サンモリッツ五輪が開幕した。

日本選手の活躍が期待されたが、やはり五輪のレベルは高く、外国選手との力の差を見せつけられる結果となった。
距離50kmでヘドルンド(ノルウェー)が4時間52分37秒で1位となり、日本選手では永田が6時間2分42秒で24位、高橋昴が25位、竹節が26位。ちなみに参加選手は30人だった。「日本スキー発達史」では、永田実が大会を振り返って、こう語る。

「初めて世界の一流選手を目のあたり見て、そこに技術の上でわれわれのそれと大して変わったところもなく、われわれのやってきたことは間違っていなかったことを発見し、大いに意を強うした。
しかしワックスの研究は大変なことだと思った。50kmで今まで不敗を誇ったノルウェーがスウェーデンに敗れたのもワックスの失敗によるものであった。しかし北欧三国(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド)の実力は、たとえワックスに失敗しても、決して中欧には負けないであろう。それほど実力に相違がある。
持参した私たちのスキーはサクラ、カバ、イタヤであるが、あちらのスキー材はほとんどアメリカンヒッコリーで、締具はベルゲンダールが多かった」


距離18kmでグロットムスブラテン(ノルウェー)が1時間37分1秒で1位、矢沢が2時間2分29秒で26位、竹節30位、永田31位、高橋36位。

ジャンプ競技でアンデルセン(ノルウェー)が64mを出すなどして1位、伴素彦は転倒して36位(最下位)。当時世界一と評されていたタムス(ノルウェー)は73mを飛んだが転倒して28位となったが、飛形の美しさは大きな話題となった。伴素彦はこう語る。

「私たちのサッツ(踏切り)の悪いことは自覚はしておりましたが、外国選手があれほど強いサッツするとは思いませんでした。私たちと彼らはちょっとした台でも10mの差がすぐ出てしまいます。強く前方に蹴るのが彼らのサッツです。さらに彼らの空中姿勢の美しさ、凄い前項姿勢は実に見事です。前へかかりすぎて転んだとわれわれはよく言いますが、彼らの前項姿勢を見ると、前項がすぎて転倒することはありません。
この技術を獲得するには大きな勇気と長年の熟練とを要する事と思いますが、ノルウェーの少年達の巧いことから考えても、私たちも今までの観念を打ち破って、積極的に強いサッツと、空中の前項姿勢を取ることができるようになれば、大丈夫同じ台で10mは余計に飛べるようになると思います。

羨ましく思ったことは、ノルウェーのジャンプの盛んな事で、日曜日のオスロ郊外は至るところでジャンプをやっております。大人もやっているが、少年達もたくさんやっており、競技も少年達の間ですら盛んでした。これでこそタムスやアンデルセンのような立派な選手も生まれてくると感じました。


五輪終了後、日本選手団はノルウェーのオスロに移り、ホルメンコーレン大会に出場。ノルウェーはノルディックスキー発祥の地であり、当時のスキー技術では同国は世界一と評判だった。現地で選手達は本場のスキーを数多く研究したあと、ロンドン・インドを経由して4月23日に帰国した。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-08-09 07:45

「第4回全日本スキー選手権大会」と「スキー年鑑」の創刊(1926・27年)

大正15年(1926年)2月、樺太(当時は日本の領地だった)の豊原で、第4回全日本スキー選手権が開催された。

この大会は、それまでの大日本体育協会から全日本スキー連盟の主催に変わった最初の大会である。しかし財政力の乏しい連盟の主催という事で、大会役員の大半は交通費・宿泊費が自己負担、とくに最北端の樺太での開催だけに、関係者達は多くの難儀をうけた。今では考えられない事だが、極端な「手弁当」状態だったのである。
豊原は現在のサハリン州ユジノサハリンスクで、当時の樺太の中心都市だった。冬は零下20度を超える極寒の地であり、とくに内地の選手達にとっては過酷な大会となり、凍傷などで故障者が続出したという。

この大会から各競技のルールがいくつか変わった。地域対抗から個人選手権となり、距離競技ではそれまで同時スタートだったのが30秒~1分間隔で出発する事となった。

距離では例年通り、早稲田大学が圧倒的な強さを発揮、10km(1位・矢沢武雄、3位・吉田清、5位・永田実)、25km(1位・高橋昴、6位・竹節作太。ちなみに2位に北大の岡村源太郎が入賞。この頃からは距離でも北大選手が登場してきている)、24kmリレーで優勝(矢沢武雄・吉田清・竹節作太・高橋昴、2時間3分35秒)。当時早大選手の使用したスキーの多くは、長野県飯山で製作されていた。

一方、ジャンプ競技ではやはり北海道大学が上位を独占、1位・大伴素彦(22.2m、21.7m、21.2m)、2位・緒方温光、4位小林辰雄、5位杉村鳳次郎。(3位は地元・樺太の大泊中学・高田与一)

この年の12月25日、大正天皇の崩御があった。暮れでの崩御であった為、昭和元年はわずか1週間で終わり翌1927年は昭和2年となり、喪に服する意味でこの年に開催予定だった「第5回全日本スキー選手権大会」は中止。その他のスキー大会も、長野県飯山で4月に行われた第1回全日本学生スキー選手権大会(参加選手が少なかった為無効となり、翌1928年に改めて第1回大会が開催)以外は、大半が中止となった。

ちなみにこの昭和2年(1927年)11月、「スキー年鑑」が創刊。編集は当時札幌にいた広田戸七郎が担当し、第1号・第2号ともに札幌で作成されたが、札幌事務所の閉鎖にともない第3号以降は東京で作成される事となり、以後の編集は小川勝次が担当している。この冊子は当時のスキー関係者・愛好者からとても好評をもって迎えられ、発行部数が伸び、当時財政難だった全日本スキー連盟にとって貴重な収入源となった。

「スキー年鑑」はその後太平洋戦争終結までに第16号まで、戦後も発行が続き、現在「スキー年鑑2009」で第76号を数えるまでになっている。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-08-08 07:06

大日本スキー連盟の設立と国際スキー連盟(FIS)加盟(1925年)

大正13年秋、大日本体育協会は組織の改革を行っていた。

それまで体協は、様々なスポーツの全国大会を一括して開催・運営してきた。しかしこれからは各スポーツ競技を別々の組織を新たに設立して、それぞれ独立して運営させていきたいという考え方が出来上がってきた。そこで各競技ごとに連盟を作り、体協は主催しない、ということで各競技部の代表者にこの考えを通達していった。

大正13年(1924年)暮れ、翌14年2月に開催される第3回全日本スキー選手権の準備をする為に、青森県大鰐に各地域の代表者が集まった。そこで全国組織のスキー団体の設立の構想を話し合った。メンバーは、体協から稲田昌植・小川勝次、樺太から桜庭留三郎、北海道から加納一郎・広田戸七郎、東北から佐々木新七・吉岡竜太郎、信越から鶴見宜信・神田茂一。

大正14年(1925年)1月、大鰐で再び会議が行われ、2月15日に「大日本スキー連盟」の設立の運びとなった。会長は稲田昌植、常務委員に小川勝次・加納一郎・広田戸七郎。本部は東京、事務所は札幌に設立(札幌の事務所は後に東京に移設)。


スキー連盟の加盟団体は、樺太中央スキー倶楽部・大泊スキー倶楽部・札幌スキー倶楽部・北大スキー部・美唄スキー部・網走スキー倶楽部・小樽スキー倶楽部・小樽高商スキー部・青森スキー倶楽部・弘前高校スキー部・東北帝大スキー部・長岡スキー倶楽部・高田スキー団・妙高スキー倶楽部・飯山スキー協会・草津スキー倶楽部・稲門スキー倶楽部・早大スキー部・東京帝大山岳部・法大スキー部・京大旅行部・六甲スキー倶楽部・蒜山スキー倶楽部の23団体。

そして新たに同年3月、大日本体育協会への加盟となった。この時の加盟団体は、陸上・水泳・蹴球(サッカー)・スキー・庭球(テニス)・漕艇・ホッケーの7団体。スキーは体協加盟の「第1期生」ということになる。

第1回代表者会議は大正14年10月17日、東京・丸の内で開催され、出席者は会長・稲田昌植、常務委員・加納一郎・広田戸七郎・小川勝次、桜庭留三郎(樺太中央)、阿部謹吾(札幌)、黒崎三市(小樽)、高橋次郎(東北帝大)、松木喜之七(長岡)、鶴見宜信(高田)、大林新治(妙高)、藤沢璋三(飯山)、宮崎照治(草津)、中川新(稲門)、柿村敬二(東大)、高橋昴(早大)、長田誠(法大)、光永修一郎(陸軍戸山学校)、伊藤和夫(京大)の19名が出席。

さらに1926年2月、国際スキー連盟(FIS)加盟も実現した。2月2日にフィンランドのヘルシングフォース(現在のヘルシンキ)で行われたFIS会議に日本代表として木原均(当時は京大教授)と今泉剛一(当時は早大を中退してスキー勉強のために同国に滞在中だった。後に北海道スキー連盟会長)が出席し加盟申請をしたところ、すぐに許可が下りた。
ちなみにこの時のFIS加盟メンバーはドイツ・フィンランド・フランス・イタリア・ポーランド・チェコスロバキア・アメリカ・カナダ・ユーゴスラビア・ノルウェー・オーストリア・スウェーデン・スイス・ルーマニア・ハンガリーに日本を加えた16カ国。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-08-04 07:38

第3回全日本スキー選手権大会(1925年)

1925年(大正14年)2月、青森県大鰐で第3回全日本スキー選手権が開催された。

この大会では、それまでの2大会での経験を踏まえて、改定が行われている。距離では1kmが廃止され4km・10km・16km・リレー(16km)、コース1週でスタートとゴールは同一地点。テレマーク・クリスチャニアのスラローム競技は廃止。ジャンプ競技は、それまでの2回飛んで飛距離の多い方を選ぶ方式から、3回飛んでその合計点で競う方式に改められた。

この大会の距離競技で、大きな実績を残したのは早稲田大学で、4kmで1位(高橋昴)・2位(矢沢武雄)、10kmで3位(吉田清、1位は北海道の松田幸義、2位は北海道片桐博)、16kmで1位(中川新)・3位高橋昴、リレーで1位(竹節作太、高橋昴、吉田清、中川新)。
その原因はワックスの使用で、日本のスキー競技でワックスを初めて使用した出来事として記録されている。提供したのは大日本体育協会の近藤茂吉で、彼は北欧選手が常用しているワックスの効果を知る為に、早大選手に試用させてみたのである。リレー競技の時の模様を「日本スキー発達史」で中川新がこう話している。

「大鰐大会の前に私達は得体の知れない10幾種かのワックスを入手していたものの、それを全面的に利用するまでの研究はしていなかった。ある一種のワックスで勇敢にスキーの滑走面を塗りつぶす自信はなかったのである。で幼稚にも私たちは登行にさしかかった際、ポケットからクライミングワックスを取り出して底部に塗り、滑降の際はスキーのエッジで塗り取ることにしたのである。スキーの長さについても走る距離が16mという点を考え、また平地、登行、滑降の三者がそれぞれ三分の一くらいずつの割合であるところから、長さも六尺二、三寸にした。締具もフィットフェルトの上置き耳金にし、スキーの厚みもできるだけ薄くした。そして出発前、精製パラフィンで底面全部を塗り、滑走面に些少のワックスを塗るようにしたのである」

ジャンプ競技では、3回飛んでの合計点となった為、各選手とも転倒を恐れて3回とも距離を抑えて失敗を回避する選手が続出。優勝者は青山肇(北海道・北海道大学)で18.6m,17.4m,18.3m、2位は伴素彦(北海道大学)。第1回大会で優勝した讃岐梅二は1回転倒してしまい7位、大会での最長記録の21.4mを飛んだ中居林も10位。

大会総合優勝は関東地区代表の早大で、朝香宮賜盃とリレーの岸優勝旗を獲得。距離での早大、ジャンプでの北大と、2強時代の到来を全国に知らしめた。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-08-01 07:21

広田戸七郎と「スキージャムピング」(1923年)

1923年(大正12年)頃になると、北海道の札幌・小樽周辺では次々とシャンツェ(ジャンプ台)が作られていった。

もともとシャンツェの建設は、非常に手が掛かる上に、専門的な土木工学の知識が必要である。当時の北海道大学では、前述の遠藤吉三郎教授が伝えたジャンプ競技の知識の影響で、その魅力にとりつかれた学生が続出した。
まず大正6年に北大生の大矢敏範が遠藤教授とジャンプ台の研究を始め、小樽商業の裏山で木組みの台を手作りで建設し、大矢本人が飛んだところ18mの距離がでた。その後緑ヶ丘でジャンプ台ができてそこで第1回全日本スキー選手権大会が行われ、小樽商業の讃岐梅二が18.1mを飛んだ(ちなみに非公式だが東北地区代表として参加していた長尾惣助少佐が試しに飛んだ所20mの距離を出している)。

その後、北大生の木原均が中心となって更なるジャンプ台の研究が進められ、札幌の三角山周辺に飛距離30数mの当時としては巨大なシャンツェが作られた。そして木原の指導した門下生から登場したのが広田戸七郎である。

広田戸七郎とは、後に設立される「全日本スキー連盟」の初代常務理事で、日本選手の冬季五輪初参加となるサンモリッツ五輪の日本選手団の総監督となる人物。その彼が大正12年12月に出版したのが「スキージャムピング」。

この本では、スキージャンプの起原から始まり、技術発展の歴史、ジャンプ台の建設方法、服装・スキー板の説明、テクニック、練習方法、審判規定がまとめられている。特にジャンプ台の建設の項目では多くのページを割いて説明しており、作り方だけでなく作る場所がどんな環境が望ましいか、どのような調査をしてから建設場所を選ばなければならないかを細かく記している。

「スキージャムピング」は、その後の日本のジャンプ台建設の際の「虎の巻」となり、後の昭和4年に猪谷六合雄が赤城山にシャンツェを作る際には、貴重な手引書となった。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-08-01 06:20

第2回全日本スキー選手権大会(1924年)

大正13年(1924年)2月、新潟県高田にて、第2回全日本スキー選手権大会が開催された。

前回の北海道・小樽大会では地元・北海道勢がタイトルの大半を制した事から、今回は開催地・新潟県勢の巻き返しが期待されていた。距離の会場はレルヒコースとなったが、前回の小樽と違い急斜面のいわゆる滑降コースだったので、「地の利」を大いに生かした地元選手が上位を占めていった。

今回は関東地区は予選の関係から不参加、そのかわり早稲田大学が信越地区の代表に加わり、早大は夏から壮絶な練習を重ね、本大会ではリレー競技で見事に優勝、距離10kmで中川新が1位を勝ち取った。
さらに1kmで山崎正弘(妙高クラブ)、4kmで矢沢武雄(高田中)が1位と、信越地区が距離種目を独占していった。
しかしジャンプではさすがに北海道勢は強く、緒方直光(北海道大学)が1位。永田弘(早稲田大)が緒方を上回る距離を飛んだが飛型点で及ばず3位となった。当時の観衆はジャンプ競技のルールが判らず、この順位に対して抗議が殺到したという。

スラロームでは、テレマークで萱場哲男(樺太豊原)、クリスチャニアで相川正義(北海道大)と、前回新潟県勢が獲得していたタイトルを、今度は北海道・樺太勢が奪取している。ちなみにこの2つのスラローム競技はこの大会を最後に廃止。この後、アルペン競技の種目は第15回大会まで行われていない。

この大会で、本州勢は前回大会での雪辱を果たした。それと同時に、早稲田大学と北海道大学の選手の活躍が目覚しく、これより数年はこの2つの大学が日本のスキー界を牽引する大きな存在となっていくのである。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-07-26 07:34

第1回全日本スキー選手権大会(1923年)

大正12年(1923年)2月10日、北海道小樽市緑ヶ丘にて「第1回全日本スキー選手権大会」が開催された。

10・11日の2日間の日程で、種目は距離が1km、4km、10km、8kmリレー、ジャンプ、クリスチャニア、テレマークの7つ。
各地区の選手達のスキー用具は、それぞれの地域で使用されていたものを身につけていたが、信越・東北・関東はケヤキ材にリリエンフェルト式締具、北海道がイタヤ材にフィットフェルト式締具、樺太が桜庭留三郎オリジナルの軽量のイタヤ材フィットフェルト式締具を使用していた。この用具の違いは距離種目では天地の差が出た。
そして何よりも、本州の各地区では滑降コースが主流であるのに対し、北海道・樺太では平坦なクロスカントリーのコースが主流、そして小樽で開催となった為にほぼすべての距離で北海道・樺太勢で上位を独占した。更にジャンプ競技では、本州の選手達はジャンプ台から飛ぶという経験がそれまで皆無だった為に大敗を喫する結果となった。さすがにスラローム競技では高田勢が数人上位を勝ち取ったが、それ以外の種目では競技前から「不公平だ」として、大会責任者と選手達とで悶着が起きたという。

この時の模様を「日本スキー発達史」で著者・小川勝次が、こう語っている。

かくして私達は東京スキー倶楽部の鷲田成男氏を監督とし、関東選手として小樽へ乗込んだ。地元の小樽選手と桜庭主将以下の樺太勢は既に練習をやっている。練習をしている相手を見ると私達にも闘志がわいてきた。
ところが走るコースを知り、緑ヶ丘に高く雪で積み上げられたジャンプ台を見るにおよんでビックリしてしまった。私達の距離滑走に対する知識というものは、高田のレルヒコースの知識であり、スキーの性能を生かすためには当然滑降コースであることを信じていたのに、小樽の予定されたコースは1キロ競争だけがやや高所から出発する以外、4キロ、8キロ(継走)、10キロ、の3競争とも出発とゴールが同一地点に設置された1週コースである。それにこの1週コース中にはろくに登行も滑降もない、道路競争のような平凡なコースである。つまりノールウェー式なコースだったのである。
さらに高田育ちの私には、お恥ずかしい次第であるが、スキーのジャンプ競技とは、雪で作った台にせよ、このような大きいシャンツェ(ジャンプ台)で飛ぶという事も初めて知り、かつ見たのであった。そして北海道の4,5名の選手が大胆にもこの台で飛び、転倒もせずに滑り去っていくのには驚いた。「スキーの驚異」にもこんな場面はなかっただけに驚きは一層大きい。「これは大変な事になった」と思った。


結果は距離が、1kmで上野秀麿(北海道小樽中学)、4kmで秋山広治(樺太)、10kmで島本孫一(樺太)、8kmリレーで北海道小樽商業(野中十郎・畠山一二三・金田芳雄・児島小一)、ジャンプで讃岐梅二(北海道小樽商)、テレマークで深沢謙吾(信越高田師範)、クリスチャニアでは船津肇(北海道小樽高商)。

地区の総合順位では、北海道が総合優勝、樺太が2位、信越が3位、関東が4位、東北が5位となった。この大会をもって北海道・樺太の強さが実証される事となり、本州勢は惨敗を糧に次大会に向けて対策をとることになった。それまでのアルペンスキー向きのリリエンフェルト式締具から、ノルディックスキー向きのフィットフェルト式締具への切り替え、そしてジャンプ競技選手の育成に励んだ。

ともあれ、名実ともに全国をあげて行われた初のスキー選手権大会である「第1回全日本スキー選手権大会」は、多くの課題を残しつつも、成功する形で終了した。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-07-24 06:01

「日本スキー選手権」と「大日本体育協会スキー部」の創設(1922年)

大正11年(1922年)2月11日、妙高高原赤倉山で「日本スキー選手権」が開催された。

この大会は、東京スキー倶楽部主宰、万朝報社の後援で行われた。種目は滑降3500、滑降1500、継走(リレー)、クリスチャニアスラローム、テレマークスラローム。(僕自身この2つのスラローム競技を見たことがないので、想像する限りクリスチャニアはパラレルターンでの回転、テレマークは両足を前後に開いたままの姿勢で回転、なのかな?)
参加者は中学・専門・倶楽部の選手で、テレマークでは参加選手全員が転倒したため入賞者なし(転倒者は失格という規定があったため)。授賞式では大日本体育協会の近藤茂吉がメダルを授与した。
ちなみに2日後の2月13日には、高田で「全国スキー大会」が開催されている。

3月には大日本体育協会内でスキー部が設置された。当時協会では様々なスポーツ部が設置されていたが、協会内でスキーに関心のある人物があまりいなかった。そこで常務理事をしていた近藤茂吉が岸清一会長を説得してスキー部の創設にこぎつけたのである。
委員長は堀内文治郎、委員に二荒芳徳、外山高一、太田孝之、鹿子木員信、神尾錠吉、河本禎助、稲田昌植、近藤茂吉。

体協スキー部が創設されると、今度は他のスポーツ部と同様に全日本選手権の開催も検討され、翌年の1923年に第1回大会の開催が実現する事となった。場所は北海道・小樽市。参加地区は樺太・北海道・東北・信越・関東の5地区で、関西は参加見送りとなった。

開催にあたり競技規定も作成することとなったが、稲田昌植が熟慮しノルウェー・ホルメンコーレン大会の規定を参考に「全日本スキー選手権大会競技規定」が作られた。優勝地域には「朝香宮賜杯」が送られる運びとなった。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-07-20 07:00

遠藤吉三郎・木原均「最新スキー術」と北海道大学スキー部(1916年)

高田でのスキー競技の発展の一方、北海道でのスキーの発達も大きな発達を見せた。

1916年(大正4年)、北海道大学の遠藤吉三郎教授がヨーロッパ留学の際、ノルディックスキーを学び、その技術とスキー用具の知識を習得して帰国した。彼は特別スキー選手としての実績はなかったが、スキーを大変愛好していた為、日本に戻るとさっそく北大の生徒に指導した。

この時期、北海道ではスキーは1本杖の他に2本杖が取り入れ始めていたが、遠藤教授がノルウェーから持ち帰った2本杖により急速に広まった。さらに靴の締具でも、当時主流だったリリエンフェルト式締具に代わり、フィットフェルト式締具が導入された。
フィットフェルト式とは、1893年にフリッツ・フィットフェルトが開発したバインディング(ブーツを固定する金具、ビンディングともいう)のことで、当時は金具ではなく革ベルトを使用したものだったが、靴幅の調整が可能で、踵が自由に動くため、北大生から熱烈な支持を集めた。

さらに遠藤教授はジャンプ競技の知識も導入した。それまで日本ではジャンプ競技自体が行われなかった事から、本州に先駆けて、札幌や小樽ではジャンプ選手が多数出現。大正4年(1915年)2月には、札幌・丸山でスキー競技会が開催されている。

大正9年(1920年)2月、遠藤教授は教え子である木原均とともに「最新スキー術」を出版した。この本ではスキーの滑降技術を初め、補助器具の知識、登山での注意事項、スキーの歴史、ノルディックスキーとアルペンスキー双方の重要性等を詳しくまとめられており、当時の日本スキー界に大変大きな影響を与えた(ちなみに木原均は、その後「遺伝子技術の権威」として、その世界では神様と崇められる事になる)。
同じ2月、北大主催で小樽・札幌間のスキーでの駅伝競走も行われ、多くの有望選手がそこから育成されていった。

1916年からの遠藤教授の指導により、北海道勢のスキーレベルが大幅に上がった為、大正12年(1923年)に開催された第1回全日本スキー選手権大会で、本州勢に大きく水をあける大躍進につながる事になるのである。
[PR]
# by wataridori21 | 2009-07-19 06:55