タグ:カーリング ( 8 ) タグの人気記事

小野寺歩選手(カーリング選手)

僕は最近、テレビドラマ「働きマン」を見ている。

菅野美穂が演じる三十路前の雑誌記者が、結婚するかしないか悩みながらも、仕事に生きがいを感じ、スクープを狙って走り回る、半分コメディ・半分シリアスなドラマ。
元気一杯に飛び回り、仲間やライバルと絡みながら、成功と挫折を繰り返す、観た後には何ともいえない爽快感が残る。今週で4話目を迎えるのだが、すっかりハマってしまった(笑)

その中で印象に残る言葉があった。

「働く、という文字は、人が、動く、と書く
 迷っても、迷っても、とまらずに、動く」


この言葉から、何故か、カーリングの小野寺歩選手を思い出した。

主演の菅野美穂と容姿がよく似ている事もあるけれど、小野寺選手の生き方に「常に、動く人生」を連想するからだ。

彼女の雰囲気が、常に周りに流されず、飄々としていて、肩で風を切って突き進んでいく。言い訳は嫌い、沢山迷う事はあるけれど、結局は足を止めず、自分の信じる通りに進み、自分の生き方に決して後悔しない。彼女を見ていると、いつもそんな感じを持っていたのである。

女性だけど、どこか少年のような純粋さを持った生き方・雰囲気にいつも爽快感を感じる。そんな彼女の姿を見るといつも心地良さを覚える。僕自身、大好きなアスリートである。

そんな彼女が先日(27日)、このほどカーリング競技に選手として復帰することが報道された。

復帰戦は、12月に北海道北見市で開催される「第1回ミックスダブルス日本選手権(※)」の予選大会からとの事(予選は11月に開催する)。
ペアの相手は、かつて長野五輪(1998年)で話題を集めた日本代表チームの名スキップ・敦賀信人選手。敦賀選手は北海道常呂町(現在の北見市常呂自治区)出身で、同郷の小野寺選手がソルトレイク五輪・トリノ五輪に出場した際に相談相手にもなっていた人物である。

いよいよ復帰するのですね。

競技大会の解説や講演する姿も良いけれど、やはり彼女には「現場」を走り回る、元気よく声を上げて競技に打ち込む、カーラーとして「働く」姿が一番似合う人だ。

小野寺選手、現役復帰おめでとうございます。
これからも頑張ってください!


※ミックスダブルスとは男女2人でペアを組んで対戦するカーリングの種目で、今シーズンから開始する新競技である。2014年に開催予定の冬季五輪・ソチ大会から正式種目化することを目標に、世界カーリング連盟(WCF)が設立した。12月の日本選手権で優勝すると、来年3月の世界選手権(フィンランド)に日本代表として出場する事ができる。
[PR]
by wataridori21 | 2007-10-31 00:37

2007年世界女子カーリング選手権大会

さて、連日フィギュアスケート世界選手権の事ばかり書いていたけれど、同時に気になっていたのは、同時期に青森・青森県営スケート場で開催されていた「2007年世界女子カーリング選手権大会」の事。

世界女子カーリング選手権大会とは、毎年世界各国で開催されているカーリング女子の世界選手権の事で、女子は1979年から今回で29回目を数える。今年は日本・青森で開催される事となった。日程は3月17日(土)~25日(日)の9日間。参加国は日本を含め12カ国、前年(06年)はチーム長野が参加しており11位となっている。

この世界選手権は、2010年に開催されるバンクーバー五輪への出場枠を掛けた、とても重要な大会。今回から09年までの、3大会の順位の合計ポイントから上位9ヶ国+開催国(カナダ)に参加資格が与えられる。それだけにとてもプレッシャーの掛かる大会なのだ。

例年になく各テレビ局も熱心に報道体制を敷いており、NHK・BSで連日録画放送を行っていたのだが、今回フジテレビで全競技を約2時間に編集して放送されており、僕はこの番組を見ることにした。

日本の出場チームはチーム青森。メンバーは寺田桜子選手(リード)、山浦麻葉選手(セカンド)、本橋麻里選手(サード)、目黒萌絵選手(スキップ)、余湖明日香選手(リザーブ)

解説は元長野五輪・カーリング女子代表・大澤明美氏が担当、大澤氏は試合前にチーム青森の各選手にインタビュー。

大澤氏が「体調はどう?ノロウイルスとかかかってない?」と聞くと、リード寺田桜子選手が、

「大丈夫、むしろウチらがウイルスみたい、ハハハ!」

寺田さん、そんなアナタが大好きです(笑)

ちなみに大会開会式で行われたファーストロック(野球で言う始球式)を務めたのは小野寺歩、林弓枝の両氏。やっぱり貫禄あるよね…

予選1戦目はドイツ。シェップ・アンドレア選手(スキップ)、バグナー・モニカ選手(サード)は世界選手権14回出場のベテラン。
前半終了時で1-3とリードされたが、6エンドでスキップ目黒萌絵選手が絶妙のショットを見せ3-3の同点。7エンド、ドローゲーム(ハウス内に沢山のストーンが集まる状態)からシェップ選手のショットが決まり3-5。ゲームは終盤、8・9・10エンドで日本が立て続けに加点し6-5と逆転で勝利。

予選2戦目はチェコスロバキア。実は今回が世界選手権初出場となる。
後攻スタートの日本は1エンドに1点を先制、その後2~4エンドは両チームがクリーン(無得点)で進み、5エンドに同点。6エンドでチェコはダブルテイクアウト(ハウス内の2つのストーンを同時に外へ弾く)を狙ったがミス、そこから日本が一気にたたみかけ一挙4点追加で5-1、最終スコアは6-3。

予選3戦目はロシア。06年のヨーロッパ選手権の優勝チーム。
1エンドから日本が積極的に攻め7エンド終了時に4-4の同点。8エンドに2点勝ち越ししたが、9エンドに1点差、10エンドに日本側のミスで同点。エキストラEND(延長戦)の末に6-7、何とも惜しいゲームだった。

予選4戦目はカーリング発祥の地・スコットランド。実力者ウッド・ケリー選手(スキップ)、ロッカート・ジャッキー選手(サード)を擁する。
同点で迎えた4エンドにジャッキー・ケリー両選手の見事なショットで一挙4点を獲得、終盤にも加点となり3-9。この結果、日本は2勝2敗のタイ。

予選5戦目はイタリア戦。去年の五輪開催国でもある。
一進一退の攻防でゲームは進み、3-2で迎えた6エンドにドローゲームから2点を加点し5-2、その後両チームが点を取り合い最終スコアは6-5。

予選6戦目はカナダ。世界選手権での優勝は13回を数える王者。
同点で迎えた4エンドに、カナダの正確なショットの連続で2点勝ち越し、その後はカナダが小刻みに加点し続け9エンドで日本はギブアップ、最終スコアは3-8。対戦成績は3勝3敗。
終了後に本橋選手は「カナダはシンプルなショットを確実に決めてきた。私達はシンプルなショットを半分しか決めれなかったのが勝敗になったと思います」とコメント。

予選7戦目はデンマーク。ここまでで優勝候補・スイスに勝利するなど5勝1敗と勢いに乗っている状態での対戦。
1-1で迎えた5エンドにデンマークは1点勝ち越し、6エンドには日本のミスでさらに2点追加で1-4、その後は完全にデンマークの流れでゲームは進み、3-8で9エンド終了後にギブアップ。

予選8戦目はスウェーデン。既に前回大会で大会2連覇、トリノ五輪金メダルの優勝候補No.1チーム。特にトリノ五輪・日本戦で小野寺選手の完璧なショットの直後に、信じられないスーパーショットを決めたノルベリ・アネッテ選手(スキップ)もメンバー。
0-1から2エンドに日本が逆転で2-1と1時リードしたが、3エンドにノルベリ選手が連続でパワフルにして正確なショット(圧巻としか言いようがない)で3点奪取で2-4。その後は一進一退でゲームが進行、8エンド終了時点で6-7と健闘したがここまで9・10エンドにスウェーデンが3点を加点し6-10で終了。ここまでで成績は3-5敗、あと1敗で予選敗退が決まる。

予選9戦目はスイス。トリノ五輪・銀メダルチームだが、ここまで4勝4敗と不振。
0-1で迎えた2エンドに2点獲得で2-1と逆転したが、その後はスイスチームが底力を発揮し、3~6エンドで7点を奪取し、6エンド終了時で2-8、その後スイスはテイクアウトゲームの展開に持ち込み、最終スコアは4-8。ここで3勝6敗となった為、日本の予選敗退が決まった。

予選10戦目は中国。07年のパシフィック選手権で優勝するなど、ここ数年で頭角を現してきた成長株。
3-3で迎えた8エンドに日本側のミスに付け込み中国が2点を奪取で3-5、最終スコアは4-6。

予選11戦目はアメリカ。前回大会で2位の実力を持ち、ここまで予選4位と好位置につけている。03年大会で優勝した時のメンバーだったマコーミック・デビー選手(スキップ)、ポッテンジャー・アリソン選手(サード)を擁した強豪。
1・2エンドは互いに譲らず3エンド以降は両チームが点を重ね、2-1で迎えた8エンド。ここまで不振続きだったスキップ目黒選手のショットが次々と決まり、日本が2点、9エンドには3点と加点して7-1でアメリカがギブアップ。日本は予選を4勝7敗で終了し8位となった。
競技終了後に目黒選手は「実力面でもメンタル面でも、今年の経験を生かして頑張っていきたいです」とコメントした。

決勝進出を決めたのは次の通り、
1位→カナダ、2位→デンマーク、3位→スコットランド、4位→アメリカ

3位決定戦はデンマーク(世界ランク7位)とスコットランド(世界ランク6位)。勝利したチームは決勝進出し、敗退したチームは銅メダルとなる。
同点で迎えた3エンドでスコットランドが一挙3点を獲得しゲームは終盤へ。しかしデンマークは凄まじい追い上げをみせ、7・8エンドに4点を奪取し6-6の同点。9エンドにデンマークが逆転の7-6。10エンドにデンマークのマデリーン選手(スキップ)の絶妙のショットが決まり9-6でデンマークの勝利。

決勝はカナダとデンマークの対戦となった。
カナダが3-1とリードで迎えた4エンドにデンマークが2点奪取で3-3の同点。その後は両チームの一進一退の攻防。6・7エンドでは両チームの名スキップの「ミリ単位」の見応えのある戦いを見せる、そして9エンド。デンマークのギブアップによりカナダが8-4のスコアで勝利。

2007年世界女子カーリング選手権大会の優勝は大会通算14回目となる、カナダとなった。

出来ればNHK・BSで細かく見とけばよかったと、後悔ばかりのテレビ観戦だった…(涙)

ともかくチーム青森の選手達、本当にお疲れ様でした。
[PR]
by wataridori21 | 2007-03-28 21:31

軽井沢国際カーリング選手権大会2007

長野県民である以上、話題にしない訳にはいかないかな?

一昨日(2/4)まで地元・長野県北佐久郡軽井沢町にあるカーリング施設「スカップ軽井沢」で開催されていた「軽井沢国際カーリング選手権大会」の事。チーム青森が参加していたので県外でも結構話題となっていたみたいだね。この調子でカーリング競技もメジャー化してくれたら嬉しいな♪

さて、この大会について簡単に説明しよう。
今をさかのぼる事9年前、1998年に開催された長野五輪でカーリング競技が軽井沢で開催された。実は冬季オリンピックでこの競技が正式種目になったのはこの長野五輪が始まり。同五輪終了後、この大会を契機に更なるカーリングの普及が進むようにと、翌年(1999年)から五輪記念事業として「軽井沢国際カーリング選手権大会」が設立された。今年で9回目になる。
今大会では、地元・長野の「SC軽井沢クラブ」「軽井沢ジュニア」「チーム御代田ジュニア」の他に、去年トリノ五輪で大きな話題を集めた「チーム青森」など日本から6チーム、そしてスウェーデン(女子)・アメリカ(男女)・カナダ(男女)・ドイツ(女子)・ノルウェー(男子)・中国(女子)・スイス(男子)・オーストラリア(男子)と世界中から8カ国と合計9カ国、男女合わせて16チームが集まって5日間の戦いが行われた。

男女ともに予選は各チーム総当りで7戦ずつ戦い、上位4チームによるトーナメント方式で優勝を決める。ちなみに準決勝で敗れた2チームによる3位決定戦も行われる。

結果から書くと、
女子が、1位→カナダ、2位→アメリカ、3位→日本(チーム青森)
男子が、1位→アメリカ、2位→カナダ、3位→ノルウェー

実は僕はこの大会は全く観ていない。もちろん大会の事は前から知っていたのだが、結果を新聞やネットで確認していたくらい。
その上何と、決勝当日は東京でラグビー観戦していた。うう、トップリーグの優勝決定試合観たかったものだから、つい…

本当に、スマン!!

3月に青森で「世界カーリング選手権大会」が開催される。青森なら行かれない事もないし、予定組んでみようかな…♪

ちなみにチーム青森で個人的に1番応援しているのは、名スキップ・目黒萌絵選手や「マリリンショット」のサード本橋麻里選手、長野県御代田町出身のセカンド山浦麻葉選手でもなく、リード寺田桜子選手。何故だか分からないけれど、彼女の雰囲気が好きなんだよね…ガンバレ、寺田!

…しかし、また来ていたみたいだね、ガチャピン。。。(笑)
[PR]
by wataridori21 | 2007-02-06 23:49

チーム長野(女子カーリングチーム)

僕の地元・長野県には日本に誇るカーリングチームがある。「チーム長野」だ。

同チームには土屋由加子選手・園部淳子選手という、全国でも指折りの実力を誇ったカーリング選手がいる。しかし、ジュニア時代を含めて常にナンバー2の地位に甘んじてきた。なぜなら、小野寺歩選手と林弓枝選手の2人が結成したチームに、大半の優勝をさらわれてしまっていたからだ。

そして積年のライバル小野寺・林両選手が所属する「チーム青森」がその後、06年のトリノ五輪で大きな話題を集め、人気チームへと上り詰めていく。

そして3月、日本カーリング選手権でトリノから凱旋したチーム青森と決勝で対戦。「今度こそ!」の思いは強かったに違いない。その試合は土屋・園部両選手が素晴らしいショットを連続して決めていたが、最後の最後でまたも優勝を逃す。

そして先日の世界女子カーリング選手権の日本代表権を掛けた選考試合で再びチーム青森(小野寺・林両選手は引退したため新メンバー)と対決。
2勝2敗で向えたラストゲーム、第7エンド終了まで互角で来たのだが…

ほんの少しの勝負のアヤなのかな…

実は僕は、どんなスポーツでもそうなのだが、常勝チームよりもナンバー2のチームのほうが好きである。だから先日の試合は、どちらかというとチーム長野を応援していた。

とはいえ、実際の選手達としてはやっぱり勝ちたいだろう。やっぱりナンバー1になりたいよね。

だから次も頑張って欲しい。そう、まだ次がある。次、頑張ればきっと結果が付いてくる筈だ。

「チーム長野」の選手の皆さん、期待しています。
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-19 21:32

カーリング女子・チーム青森VSチーム長野

昨日NHK・BSにてカーリング女子世界選手権・日本代表選考会の放送があった。

この試合の勝者が来年3月に行われるカーリング女子世界選手権に出場する日本代表チームとなる。北海道北見市の常呂カーリングホールで行われた。

僕自身は是非生で観たかったが、さすがに北海道まで観戦に行くのは無理があったので、泣く泣くテレビ観戦となった。青森のテレビでは生中継されたそうだが、長野ではやらなかった。長野代表チームが出るのにこの冷遇ぶりって…(涙)

しかし、チーム青森とチーム長野ですか、

なんだか…

ものすごく複雑なんですけど(汗)


テレビでは2勝2敗で向えた5戦目が録画中継された。

第1エンドからテイクアウトゲームの展開で進んだのだが、青森・目黒萌絵選手(スキップ)のショットにミスが続き長野が序盤に2-0とリード。その後、青森は反撃で2-2の同点に追いつく。
第7エンドまでの両チームのせめぎ合いは見ごたえがあった。特に長野・園部淳子選手、青森・本橋麻里選手の両チームのサードが素晴らしいショットをみせてくれた。

試合が動いたのは第8エンド、ドローゲームの状態(ハウス付近にストーンが沢山ある状態)から、調子を取り戻した青森・目黒萌絵選手(スキップ)が2つ続けてスーパーショット。直後、長野・土屋由加子選手(スキップ)の惜しいショットも空しく、青森が3点を獲得し5-2。
そのまま青森ペースで第10エンド、6-3で長野がギブアップ。

対戦成績は3勝2敗。これにより来年3月、青森で行われる「世界カーリング選手権」日本代表は地元のチーム青森と決まった。

実力は互角、なかなか見ごたえがあった。来年が楽しみ、青森行こうかな♪

チーム長野の敗退は残念だったが、来年2月開催予定の「日本カーリング選手権」で頑張って欲しい。応援行くからね!
…って会場が「妹背牛町カーリングホール」ですか?

また北海道…

せめて東京でやってよ!(涙)

やっぱり、テレビ観戦かぁ
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-18 23:20

カーリングの第一人者

この前のパシフィックカーリング選手権2006では珍しい光景があった。場内で係員が小型のFMラジオを販売して回っていたのだ。
僕自身、初めは気にも留めなかったのだが、3位決定戦の最中に僕の席の傍を通ったので1つ購入し、使用してみた。すると行われている試合の模様を詳しく、延々と解説する声が流れてきた。

声の主は小林宏氏。日本カーリング界の第一人者でありパイオニア的存在でもある。

現在、彼は山梨県南都留郡山中湖村で Curlplex Fujiという1年中使用出来るカーリング場を運営し、山中湖メイプルカーリングクラブを設立するなど、精力的にカーリングの普及に尽力している人物だ。ちなみに今年2月、NHKで放送されたトリノオリンピック・カーリング中継で、刈屋富士夫アナのとなりで解説を努めている。予選リーグ・日本対イタリア戦、第10エンド・先攻の日本・スキップ小野寺歩選手のラストショットが決まり、後攻イタリアのラストショットが外れた際に刈屋・小林両氏が同時に「勝った!」と叫んだ場面はその後何度も放送された。

この日の解説も素晴らしく、日本・ニュージーランド両チームの選手達のショットすべてに明確な解説が添えられていった。淡々としていながら、とても分かりやすい。そしてこの競技の奥深さや楽しさも加わり、視聴者の心をとらえて放さない。
試合の最後には「皆さん、選手が投げた後には是非、盛大な拍手をしてあげて下さい」と語り、実際に場内の観客から両チームに温かい拍手が送られた。

ラジオを聴いた人達は、誰もが「この人はカーリングを心から愛し、敬意を持っているのだ」と感じたはずだ。

今度カーリングの試合を観る時は、是非彼の解説を聞きたい、と心から思った。
[PR]
by wataridori21 | 2006-11-28 23:05

本橋麻里選手(カーリング選手)

マリリン…

昨日行われたパシフィックカーリング選手権大会2006のプログラムの表紙には、ストーンを投げる構えをしている選手の写真がある。「チーム青森」のサード本橋麻里選手だ。本人もビックリだろう、去年の今頃など考えもしなかったに違いない。自分がカーリング界の「アイドル」として、ここまで有名になろうとは…

今年2月を思い出す。トリノ五輪で競技を終え、成田空港に降り立った「チーム青森」の選手達がテレビに映し出されていた。大勢のファンの歓迎の中で、選手達は文字通り「キツネに摘まれた」ような表情で苦笑いを浮かべながら歩いていた。なにせトリノへ出発する時は、見送りする人は身内など少数だったろうから…

僕が面白かったのは、直後の3月に行われた日本選手権。今回のパシフィック選手権の出場権が掛かっていたのだが、予選から会場が大勢の観客で埋まっていたのがテレビのニュースで流されていた。
リポーターが観客に「お目当ての選手は?」と聞いたら、

「マリリン」

…マリリン?

その後、本橋選手がうつされ、「ああ、本橋選手の事…」と分かったが、思わず大笑いしてしまった。

マリリンかぁ…マリリンねぇ

その時、彼女自身は顔を赤らめながらリポーターの質問に答えていたのが印象的だった。そりゃ、大勢の人達から、マリリン、マリリンなんて呼ばれたら、ねぇ…(笑)

今やすっかりアイドルと化してしまったけれど、カーリング界において本橋選手は輝かしい経歴の持ち主としてジュニア時代から有名な選手だった(事実、当時シニアチームにリザーブとして参加していた程の実力派選手だった)。そしてトリノ五輪での活躍(当時まだ19歳だった!)、そして今回の大会と…

人気・実力とも文句なしの選手だけに、今後の活躍がとても楽しみだ。
[PR]
by wataridori21 | 2006-11-27 19:03

パシフィックカーリング選手権大会2006

パシフィックカーリング選手権大会2006を観戦する為、ダイドードリンコアイスアリーナ(西東京市・東伏見)へ行った。

今年カーリングはトリノ五輪での大健闘から話題を呼び、直後の青森でのカーリング日本選手権では会場が観客で溢れかえるなど「空前のカーリングブーム」が巻き起こった事は記憶に新しい。

あれから9ヶ月、日本カーリング協会は今回の選手権大会の会場を長野・軽井沢から急遽、東京都・西東京市のアリーナに変更。人気が続いている今がチャンスと協会は考えたのだろう。
しかし現実は厳しい。大会初日(21日)の台湾戦は、平日とはいえ僅か539人だけ…その後も低調な状態が続いていたらしい。


日本女子代表「チーム青森」のこれまでの成績は…

予選リーグ(6チーム中4位以内なら準決勝進出)
21日・オーストラリア戦→不戦勝、台湾戦→12-1
22日・ニュージーランド戦→8-2
23日・韓国戦→5-9、中国→11-5(通算4勝1敗)
準決勝(先に2勝すれば決勝進出)
25日・中国戦→4-6、6-9(決勝ならず)

そして今日(26日)3位決定戦(ニュージーランド戦)となった。

午前9時30分、東伏見に到着。人はどれくらいかな…なんて思ってたら、結構行列が出来ていた。やっぱり人気は高いようだ。場内は他の人気スポーツに比べると酷ではあるが、ウィンタースポーツの大会としては悪くはない。

午前10時、試合開始。
第1エンドこそニュージーランドに1点を先取されたものの、第2エンドに4点を奪って逆転。第5エンドを終了した時点で7-2と大きくリード。
後半、チーム青森は大量リードしている為、相手のストーンをことごとくハウス(円)から弾き出すテイクアウトゲームに持ち込み、相手にスキを与えない。
そのまま10-3で第9エンド終了。そして相手チームがギブアップの握手を求めたため、そこで試合終了。
見事に大会3位を勝ち取った。

試合終了後、観客から惜しみない拍手が送られた。いい試合だった。
今回の大会は日本女子の4連覇が掛かっていたとの事だったが、まだ新チームは出来たばかり。来年また頑張って欲しいね。
[PR]
by wataridori21 | 2006-11-26 18:59