タグ:スピードスケート ( 10 ) タグの人気記事

橋本聖子氏(元スピードスケート・競輪選手)

昨日、日本テレビの番組「いつみても波瀾万丈」にて、元スピードスケート・競輪選手で現在国会議員を務めている橋本聖子氏の特集が放送された。

現役時代は日本人女性最強のスケート選手で、サラエボ五輪からアトランタ五輪まで五輪通算出場回数は7回(世界タイ記録)のスポーツ選手人生を振り返った番組だったのだが、まさに「波乱万丈」の人生、本当に凄い…
僕自身、「橋本聖子」の名前は当時僕が小学生の頃から聞いていて、オリンピックといえば「橋本」と言うくらい有名な選手だった。スケート競技で彼女の右に出る選手などいなかったし、夏季大会の選手を含めて、ネームバリューで敵う選手も皆無といってよかった。今では考えられないが、当時冬季五輪は知名度がとても低く、大会が開催されてもテレビ中継は殆ど行われないくらい人気がなかったが、橋本選手だけは常に話題になっていた。冬季五輪の花形選手だったのだ。

番組では選手時代の事が紹介されていたが、小学生の頃からスケート選手として活躍していた裏で、内臓を悪くして通院・入院生活の連続だった事、学生時代を通して、有名であるが為に受けてきたいじめ、恋とは全く無縁で選手生活をしてきた事、スケート選手でありながら夏季大会・競輪競技へ進出した事(その後競輪選手のトレーニングは現在のスケート選手にも取り入れられるようになっている)に対するマスコミからのバッシング、アルベールビル五輪(1992年開催)での銅メダル獲得(日本人女性初の銅メダル受賞、ちなみに同大会ではフィギュアスケートで伊藤みどり選手が日本人女性初の銀メダルを獲得している)引退後の代議士への転身、そして結婚、現在6人の子供の世話をしながら日本スケート連盟会長を務めている。

波乱万丈もここまできたら…

彼女こそ冬季オリンピック選手の先駆者といっていいだろう。彼女の冬季五輪への貢献度は計り知れない。何といっても冬季競技が今の地位を獲得できたのは彼女の活躍があったればこそだ。

今から考えると、改めて、本当に、凄い選手だったんだな…
今更ながら、しみじみと感じた。
[PR]
by wataridori21 | 2007-02-12 07:05

及川佑選手(スピードスケート選手)

現在中国・長春で開催されている冬季アジア大会にて日本選手団の主将を務めているのは、去年2月のトリノ五輪500メートルで見事4位入賞を果たした及川佑選手。

及川選手は北海道中川郡池田町出身のスピードスケート選手。
小学生の頃からスケートをしていたが実績はあまりなく、池田高校3年の時に全日本ジュニア選手権で5位になったくらい。山梨学院大に進学後もスケートを続けたが目立った成績は残せないまま4年が過ぎ、卒業間際の2003年1月、北海道・苫小牧で開催された第75回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)に出場し、500メートル滑走で何と総合1位となり優勝してしまった。

しかし1度の優勝だけでは、スケート部のある有力企業からは声が掛からず、普通の職業を求めて郷里・北海道の就職センターへ。そこで地元・北海道の外食産業「びっくりドンキー」を紹介された。センターの職員が社長に「インカレで優勝した学生」と紹介したら社長はすぐに合格を決めたという。
その後、社長の計らいで現役を続ける事となり、会社からスケート競技に必要な施設や道具を手配されたが、コーチやマネージャーなどはなく、競技に関する事はすべて及川選手自身が1人で行った。

人生どこで転機が来るのか分からない。そこから彼は実力を発揮し始めたのだ。
04年W杯カルガリー大会500メートルで2位、エルフルト大会500メートルでも2位。05年3月ドイツ・インツェルで行われた世界距離別選手権で500メートル4位。
そして06年トリノ五輪に出場し、加藤条治・清水宏保両選手を抑えて見事4位入賞。

その後も活躍を続け、06年12月のW杯・長野大会(長野エムウェーブ)で行われた100メートル滑走(100メートルはW杯では国内初開催)で優勝。僕はこの大会を生で観戦していたのだが、競技終了後に彼は語っていたという。
「100メートルの面白さを知ってもらうために盛り上げたかった。タイムより勝負にこだわった」

そして今年、冬季アジア大会に日本選手団主将として参加し、今回500メートルで銅メダル、100メートルで金メダルと大活躍。

及川選手、本当におめでとうございます。
これからも期待していますので、頑張ってください!
[PR]
by wataridori21 | 2007-02-01 23:00

小平奈緒選手(スピードスケート選手)

先日、イタリア・トリノで開催されたユニバーシアード冬季競技大会にて、スピードスケート女子1000mに出場した小平奈緒選手(信州大学)は2位となり、見事銀メダルを獲得した。

小平選手は長野県茅野市出身のスピードスケート選手で、伊那西高校時代は同じスピードスケート選手の吉井小百合選手(日本電産サンキョー)の2年後輩にあたる選手。彼女のコーチは新谷純夫氏(スピードスケート・新谷志保美選手の父)

主な経歴を挙げてみると…、
伊那西高ではインターハイで500mと1000mの2冠獲得、全日本ジュニア選手権でも優勝している。
2005年、信州大学教育学部1年の時に第78回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)に出場し、500mと1000mの2冠も達成。
同大学2年となった去年10月、全日本距離別選手権(長野市エムウェーブ)・女子1000メートル競技で初優勝。(ちなみに同種目の2位は吉井小百合選手、4位は女子1000メートル日本記録保持者の外ノ池亜希選手。外ノ池選手はこの大会終了後に引退を表明)。小平選手はこの優勝によりスピードスケートW杯への出場権を獲得した。
「W杯デビュー」となったW杯長野大会(長野市エムウェーブ)1000メートル競技では見事3位の座につく。
そして今年1月に日光霧降スケートセンターで開催された、第79回日本学生氷上競技選手権大会・女子500メートルで大会2連覇を果たした。

最近、スポーツ雑誌「Nnmber」2/1号の「NEW FACE」では小平選手が紹介されていた。本人は現在勉強とスケートの練習に明け暮れる毎日のようだ。
「トリノで5つメダルを獲ったシンディー・クラッセン(カナダ)の滑りを、何度も何度も見ています」(NEW FACEより抜粋)

まだ20歳。これからどこまで伸びていくのか…楽しみな選手だね。
[PR]
by wataridori21 | 2007-01-28 14:43

新谷志保美選手(スピードスケート選手)

1月20・21日にノルウェー・ハーマルで開催された世界スプリント選手権の女子500メートル競技で、新谷志保美選手(竹村製作所)が2日連続で2位となり、総合4位(1000メートルで記録が伸びなかった為)の好成績を収めた。

新谷選手は長野県上伊那郡宮田村出身の選手で、伊那北高校時代の1996・97年とインターハイ女子500メートルを連覇し、筑波大学に進学すると、2種目でインカレ3連覇を達成した実力派選手。社会人時代も活躍していたが、2005/06シーズンは低迷していた。

しかし、2006/07シーズンに入ると、真駒内選抜競技会、浅間選抜競技会、全日本スプリント選手権と500メートル競技で立て続けに優勝を決め、復調を印象づけていた。

そして今回の世界スプリント選手権での好成績。やりましたね!

新谷選手は、去年のトリノ五輪に出場できなかったが、この調子で好成績を続けて3年後のバンクーバー五輪出場をめざして、頑張って欲しいね。

ちなみに他の出場選手の成績、
女子は、大菅小百合選手が総合9位、吉井小百合選手が11位、岡崎朋美選手が16位。
男子は、長島圭一郎選手が総合9位、中島敬春選手が13位、清水宏保選手は故障により途中棄権。
[PR]
by wataridori21 | 2007-01-22 20:56

ばんえい競馬と清水宏保選手

先日、北海道帯広市で行われた全日本スプリント選手権にて、ベテラン清水宏保選手は見事な復活劇を演じた。

彼自身、帯広市出身だけに、故郷での活躍は嬉しかっただろう。同年代の僕としても彼の活躍は本当に嬉しい。この調子で今シーズンを乗り切って欲しいね。

さて、帯広といえば最近ニュースで話題となっていた「ばんえい競馬」。スポーツ雑誌Numberにてこのレースの事が写真で紹介されていたので、興味津々で読んでみた。

「ばんえい競馬」とは、重量級の「ばんえい馬」が、騎手と鉄製のそりを曳いて200 mを走り順位を競うレース。経営危機となっていたのだが、最近ソフトバンク系列の会社が支援する見通しとの事。ともかく当面の存続が決まった事はよかった。

実際観戦したらどんな感じだろう?写真を見るかぎり、競争する馬達の姿はなかなか見ごたえがありそう…曳いているそりの後の曲線には独特の雰囲気を感じる。

実は僕自身、どちらかと言えばギャンブルは嫌いなほうで、競馬場はおろか、パチンコ店にすら入った事がない程である。肌に合わないのかな?なんて思っているのだけれど…

でもこのレースは是非見てみたい。こんなレース、もしかしたら一生に一度見れるかどうか分からないかもしれない。チケットを買った気分で馬券買って、生で見たいな。来年あたり北海道へ行って観戦しようかな。「賭け事」の部分を取り除けば、競馬は立派なスポーツ観戦といって良いだろうし♪


…しかし清水選手はこの「ばんえい競馬」の馬券買った事あるのかな?
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-27 01:34

全日本スプリント選手権

少し遅くなったけれど、スピードスケート界のニュース。

12/24、北海道・帯広で行われた全日本スプリント選手権で男子・女子ともにベテラン勢が健在ぶりを見せた。

女子では岡崎朋美選手が500・1000メートルで初日は共に首位、2日目と合わせてともに総合1位で優勝。表彰台では彼女にとって大先輩にあたる橋本聖子・日本スケート連盟会長に優勝杯を授与された。
男子では清水宏保選手が2日目に1000メートルで優勝、そして総合2位。今年はトリノ五輪を含めて成績が振るわなかっただけにインパクトのある結果だった。

僕自身、この2人のベテランには是非頑張って欲しかったので、本当に嬉しい。特に清水宏保選手の復活は良かった。開催地となった帯広の森スケート場は室内リンクに変わる事が決まり、野外リンクとしてはもう見納め…何としても勝ちたかったのではないか。まさに最高の結果だったはずだ。

ちなみに男子総合優勝は前回の長野エムウェーブにて大活躍の長島圭一郎選手。やはりこれから注目の選手となりそう。今後が楽しみ♪
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-26 00:07

スピードスケートワールドカップ観戦その2

e0097997_2142449.jpg男子・女子の1000メートルの競技終了後、100メートル競技開始まで15分くらい休憩時間があり、会場入り口にある屋台まで移動していたら、会場内の通路で岡崎朋美選手(富士急行)を発見。自身の出場競技が終り、観戦していた後援会の人達に挨拶に来ていたようだ。
周りには沢山のファンが集まっていて握手や記念写真を求められていた。もちろん僕も写真を撮らせて頂いた。ここに載せられないのは残念だが、やっぱり彼女は美人。「トモミスマイル」に悩殺されてしまった…

その場を離れて歩いていたら今度は清水宏保選手(NEC)を発見。黒いジャンパーを羽織り、スケート靴を入れた箱を脇に抱えて歩いていた。途中1人に声を掛けられサインを書いたくらいで、あとは誰も彼に気づかず、そのまま通路に消えていった。どことなく背中が淋しそう…

彼は一応、長野五輪金メダリストなんですが…(涙)

実は日本で開催されるW杯で、100メートル競技は初開催となる。リンクの1/4を使用するだけなのでなんともこじんまりした感じ。男女ともに数多くの選手が参加したが、その中で及川佑(びっくりドンキー)が見事1位となり優勝を勝ち取った。彼はトリノ五輪で一躍「時の人」となった選手。さすがに短距離では強い。

午後4時前。その後の競技種目はあったが日本人選手は出場しない為、観客の大半は帰り始めた。僕も帰る準備をしていたら、近くに大菅小百合選手(大和ハウス工業)が見えた。さすがに人気が高い選手なのでかなりの人だかりができている。近づいてみると、彼女はファンの人達にサインや握手・写真撮影に応じていた。
その後2階席まで上っていき、スタッフ達と談笑。

「何にする」「焼肉?」

打ち上げかぁ、やっぱり「サーモン」食うんかな…?

下では大菅選手に対して、男女問わずファンの人達が写真撮影。彼女は体をファンに向けながら相変わらず談笑。その姿がまた格好良い事!
僕は心の中で叫ぶ。

姉御!(笑)

大菅選手は今年日本電産サンキョーを退社しプロ転向を表明。その後、大和ハウス工業に入社し、4年後のバンクーバー五輪を目指しているという。大菅選手、頑張れ!

他にも加藤条治選手や吉井小百合選手もサイン攻めにあっているのが見えた。考えてみれば先週のフィギュアスケートNHK杯では考えられない光景だ。浅田真央選手や高橋大輔選手がこんな事をしたら会場はパニックになってしまうだろう。でも数年前はフィギュアの大会でも似たような状態だったんだけどな…

その後まもなく日本の選手達はいなくなり、同時に観客もほとんどいなくなった(競技はまだ続いていたのだが)。さて、帰るか…
午後4時30分頃、僕も会場を後にした。あたりは薄暗くなっていた。

※写真はエムウェーブの外観、帰り間際に撮影。
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-11 22:55

スピードスケートワールドカップ観戦その1

e0097997_23345743.jpgスピードスケートワールドカップ競技会・長野大会を観戦してきた。
この大会は今季中、世界各国で行われるW杯の1つで、今月8日から10日まで3日間開催。前日(12/9)は、男子で長島圭一郎選手(日本電産サンキョー)が500メートルで優勝している。この大会では世界記録保持者・加藤条治選手、元長野五輪金メダリスト・清水宏保選手(NEC)、トリノ五輪4位入賞・及川佑選手(びっくりドンキー)なども出場していたが、この優勝はインパクトがあったね。

今朝放送されていたTBSの「サンデーモーニング」のスポーツコーナーを観たら、やはり大きく扱われていた。長島圭一郎選手は注目株であることが盛んに紹介していて、今後は彼の話題が多くなりそうな予感がした。

でも番組では、大会自体がまるで昨日で閉幕みたいな感じ…つまり、

まだ今日もある事については全く触れずじまいだった

その後、僕は午前11時に会場入りしたが、予想通り観客は少ない。全部入れても1000人くらいかな?国際大会なのに淋しい状態…

今朝の番組のせいだ!(笑)

ともあれ男子・女子ともに沢山の日本人選手が出場している。ちなみに女子ではベテラン岡崎朋美(富士急行)・大菅小百合(大和ハウス工業)・吉井小百合(日本電産サンキョー)ら各選手が出場している。豪華な顔ぶれではあるんだけどね…

そして競技開始。500メートル、1000メートルと消化していくのだが、さすがW杯。日本人選手の3位以内入賞はなかなか難しい。女子では大菅・吉井両選手が健闘、男子では昨日に続き長島圭一郎選手が2位と素晴らしい結果を残した。

そして最後に100メートル競走が行われた…(続きは次回に)

※写真は開催された長野県長野市・エムウェーブの場内を撮影。
[PR]
by wataridori21 | 2006-12-11 00:27

勅使川原郁恵さん(元スケート選手)

テレビを見ていたら、元ショートトラックスピードスケート選手・勅使川原郁恵氏が遂に中山道完全踏破した事がニュースで流された。

NHK・BSにて9月18日から本日(12月1日)まで放送していた「街道てくてく旅」。何気に、たま~に観ていたのだが…遂に完結しましたか。

あの素朴なキャラクターは好きで、知らず知らずに応援していたけれど(笑)

やりました、勅使川原さん、お見事!

今夜7時30分から最終回と特番が放送されるらしい♪

しかし、しかし……

なぜ、フィギュアの裏番組なんですか?

NHKさん(涙)

[PR]
by wataridori21 | 2006-12-01 19:18

外ノ池 亜希選手

スピードスケート女子の外ノ池 亜希選手が引退を表明した。
正直ビックリしたと同時に、やっぱり、かな…

外ノ池選手はスピードスケート女子の日本記録保持者である。
高校時代に長野オリンピックに出場し、その後ソルトレイク・トリノと五輪3大会に連続出場し、一度1000mで入賞したこともある実力者。

オリンピック後は所属先が変わり、4年後は…と予想していたのに。
今日(29日)行われた全日本距離別選手権に出場後に引退表明したという。

長野県出身の選手だけに残念、だけど日本でスケートで食べていくのはとても困難だから、仕方ないのかな…

それにしても引退後はプロゴルファーを目指すとか。
かなり大胆な転身みたいだけど、頑張って欲しい。長い間お疲れ様でした。


これで岡崎朋美選手(富士急行所属)には更に頑張ってもらわないと。
まだまだ引退出来ませんよ(笑)
[PR]
by wataridori21 | 2006-10-30 00:20