タグ:メジャーリーグ ( 4 ) タグの人気記事

松坂大輔投手(メジャーリーグ投手)

日米プロ野球界の歴史の1ページ。

カンザスシティーのコーフマンスタジアムにて、4/5(現地時間)にボストン・レッドソックス対カンザスシティー・ロイヤルスが行われた。そう、この試合こそ、あの松坂大輔投手のメジャーリーグ・デビュー戦だ。

スタンドでは松坂と同じ18番のユニフォーム姿の現地ファンが親指を立ててニヤリ、幾つもの応援プラカードが並ぶ、「松坂大輔」や「K」が見える。レフト・ライトの観客すべてが遠く異国の地から来た、新しいスーパスターの登場を固唾を呑んで見守っている。

記念すべき松坂投手の最初の対戦相手となったデビット・デヘスース外野手は試合前にコメント、

「彼はストレートを投げてくるだろう、そのストレートを打っていかなければならない」

試合開始。ロイヤルズの先発はグレインキー投手、まだ23歳の若手投手でメジャー4年間で通算14勝を挙げている。1死から走者を置いたが3番デビッド・オルティス選手(去年は本塁打・打点の2冠王)を打ち取る、アウトローの球のコントロールが素晴らしい。しかし4番マニー・ラミレス選手がライトオーバーのタイムリーヒットでレッドソックスが先制1-0、後続打者は凡打となり1回表が終了。

ベンチから松坂投手が元気良く走り出した。ファールラインを軽い足取りでジャンプ、そしてマウンドへ…
解説の与田剛氏(彼は新人時代は『彼ならメジャーで必ず成功する』と言われた豪腕投手だった)は語る。

「嬉しそうですね」

スパイクの感触を確かめるようにしながら投球練習を開始。ゆっくり、繰り返し、投げる。帽子を被り直す、しゃがみ込み息で指先を暖める。そしてジェイソン・バルディック捕手が駆け寄る、松坂投手が「OK!」とニッコリ。

主審が「PLAY!!」

ゆっくりとしたモーションで振りかぶる、1球目、ド真ん中への直球!
バットにボールは当たるがファール、デヘスース選手は「畜生、狙ってたのに!」とばかりに右足を蹴り上げて悔しがる。実況の工藤三郎氏によるとスピードガンは93マイル(150km)を計測したという。

捕手からのボールを受け取る。ボールを両手で擦る、無表情だが、どこか笑っているようにも見える。

2球目はチェンジアップ、そして3球目のスライダーが真ん中に入り、デヘスース選手は鮮やかに左中間に弾き返す、センター前ヒット。野手からの声に、松坂投手は無表情でウンウンと頷く。
2番エステバン・ハーマーン選手には1-2からセカンドゴロで1アウト・ランナー1塁。
3番マーク・ティーエン選手に対してはボール先行でカウント1-3、プレートから足を外すと観客から一斉にブーイング。そして四球、1アウト1・2塁。
4番エミル・ブラウン選手には0-1から内角高めの直球、ピッチャーゴロとなり2塁送球、1塁転送、ダブルプレーで3アウト。

松坂投手は無表情でマウンドを去っていく、ベンチではチームメイトからの祝福。

観客からは「ようこそ、アメリカへ」とばかりに温かい拍手が鳴り響く。


メジャーリーガー・松坂大輔の挑戦は始まった
[PR]
by wataridori21 | 2007-04-06 19:57

カージナルスが世界一!

アメリカ大リーグのセントルイス・カージナルスがデトロイト・タイガースに勝利し、ワールドチャンピオンとなった。

カージナルスの3勝1敗で向えた第5戦、本拠地・ブッシュスタジアムで行われた試合で、田口壮選手は8番左翼で先発出場。

2回裏、1塁走者を送る3塁線ギリギリの技ありの送りバント。後にこの走者がホームを踏みカージナルスが先制。
その後タイガーズが逆転し1-2となったが、4回裏には田口がセンター前ヒットを放ち、続く打線が繋がり田口は生還、この回に2点を取り再逆転、スコアは3-2。
7回裏にも1点を加え4-2、試合はそのまま逃げ切りカージナルスの勝利…


おいおい、ワールドチャンピオンだよ…


遂にやったね


5年間の悲願が達成できた。なにせワールドチャンピオンなんだから…


今のところ(19時35分現在)、彼の公式サイトではまだコメントが出ていないが、更新を待つとしよう。

ネットでは田口選手のコメントが発表されている。

「これが現実であることが信じられない。みんなのエネルギーを合わせたからこういう結果になった」(スポニチ Sponichi Annex10/28付より)


とにかく田口壮選手、ワールドチャンピオンおめでとう!
[PR]
by wataridori21 | 2006-10-28 19:34

打率10割の男

アメリカ大リーグ・プレーオフが大詰めを迎えている。

ナショナルリーグ優勝決定戦・メッツ対カージナルスは10月19日の時点で3勝3敗のタイとなり、最終の第7戦にもつれ込んだ。

その中でカージナルスの田口壮選手が第6戦、0-4で迎えた9回2死2・3塁から2点差となる2点タイムリーを放つ。試合には負けたものの、チーム屈指のスーパーサブとしての存在感を示した。

実は田口はこれまでのポストシーズン10試合で4打数4安打4打点2本塁打と大活躍でなんと打率10割(!)

打って、守って、走って…凄まじい活躍だね。
メジャー移籍から今年で5年、最初の2年間のマイナー生活からは想像もつかない活躍にただ驚かされるばかり

彼のオフィシャルサイトでは連日、本人の日記が更新されているが10月19日付けを見ると…

「今年はつねにチャレンジャーの立場で、自分たちより勝率が上のチームを倒し、勝ちあがってきました。ここまでこぎつけた今、ナリーグ優勝の嬉しさに浸るよりも、2年前のリベンジを、という気持ちに燃えています。5年間で2度もワールドシリーズに出場できるなんて、幸せな野球人生です。ファンの皆さんに、心からお礼申し上げます」

常に前向きな彼の考え方は大好きだ。

是非ワールドシリーズに進んで欲しいね。

※これを書き上げた後、カージナルスがナ・リーグ優勝を決めたニュースを聞いた。田口選手、ワールドシリーズ出場おめでとう!

直後の田口選手のコメント
「予想はしていたけど大変な試合。(今プレーオフ4安打)なかなか出番はなかったけど、集中力は保てた。(8回から守備に入り)あれも僕のいつもの仕事。プレーオフに入ってチームにエネルギーを感じるし、良くなっているからうれしい」
(スポニチ Sponichi Annex 10/20より)
[PR]
by wataridori21 | 2006-10-20 19:21

斎藤隆投手

アメリカ大リーグ・ロサンジェルスドジャーズの斎藤隆投手が今季大活躍を見せた。

昨年、プロ野球セリーグ・横浜ベイスターズを退団し、MLB・LAドジャースに入団した時、多くのマスコミ・プロ野球ファンは彼の活躍を全く期待していなかった。「引退前の最後の花道」程度に見られていたのだ。

ところが今季、終わってみれば6勝2敗24セーブとチームのクローザーとなる。
プレーオフも含めて74試合に登板し、今シーズンで通算1351球も投球したのだから…

まったくシンジラレナイ…

思えば昨年オフ、楽天イーグルスの山下大輔編成部長が「メジャーから声が掛からなかったら、是非ウチに」と熱烈にラブコールを送っていたのだが、今頃歯ぎしりして悔しがっているかも。
彼自身、横浜のコーチ・監督を歴任していたから、斎藤投手の実力がまだ死んでいないのを知っていたんだろうね。

オフの契約金はどうなるか?ドジャースは斎藤投手の保有権をあと2年間持っているし、まさしく夢のような金額提示を受けるんだろうな。

とにかく、1年間お疲れ様でした。
[PR]
by wataridori21 | 2006-10-17 20:11