タグ:日本スキーの歴史 ( 48 ) タグの人気記事

日本選手団の帰国と日本の冬季五輪招致(1936年)

1936年(昭和11年)2月17日、五輪を終えた日本選手団はガルミッシュを発った。

17日にチェコのスピンデルミューレン、そして25日にノルウェーのオスロに到着。そこで開かれたコルメンコーレン大会に出場、しかし距離競技で日本勢は思うような結果が出ず、オスロの人々は「どうして栗谷川を連れてこなかったか、彼は強かった」と質問してきたという。栗谷川平五郎は今回の五輪には参加していなかったが、1932年のレークプラシッド五輪・複合で18kmを3位通過し、ジャンプでは転倒したがジャンプの飛距離もかなりの好成績を残しており、1933年のホルメンコーレン大会にも出場するなど、オスロではかなり有名になっていた。

3月5日、日本選手団はオスロを出発し、6日にベルリン、10日パリと観光して、13日マルセイユ発の郵船・榛名丸に乗船し、4月17日に帰国した。

一方、日本では1月18日に山形県米沢市で第9回全日本学生スキー選手権が開催。距離50kmで三上保、18kmで上島宏二と北大生が優勝、複合競技とジャンプ競技で菊池富三、32kmリレー(村井三男、乙黒秀秋、前田文雄、岡村英夫)で優勝と、早大を押しのけて明大が頭角を現し、北大・明大の2強時代の到来が予想された。

2月9日には新潟県小千谷で第14回全日本スキー選手権大会が、神宮スキー大会を兼ねて開催。

この大会から男女ぞれぞれ回転・滑降の2競技が行われた。男子回転・成年の部で次井晨(赤倉)、女子・成年の部で菅原サカエ(大館)、男子滑降・成年の部で市来登、女子・成年の部で小逸見カツ(妙高)が優勝。
距離18km成年の部で軍隊から戻ってきた松橋朝一が優勝。複合・成年の部で菊池富三(明大)、ジャンプで森敏雄(明大)、40kmリレーで明大(村井三男、前田文雄、菊池富三、岡村英夫)と、ここでも明治大学の活躍は群を抜いてきた。

この年、次回の冬季五輪(1940年)の開催地に、日本が立候補を表明した。

日本が五輪招致に熱心だったのは、この年ドイツでの夏季・冬季五輪の成功が刺激になり、日本の国際的な知名度を上げる目的として有益と考えたからである。

夏季五輪の候補地は東京で決まったが、冬季五輪の候補地で議論が巻き起こった。当時の「オリンピック憲章」では、「冬季五輪は、夏季五輪の開催国において冬季競技が十分に行える場合は、その国に選択権を与える」という規定があった。つまり、夏季五輪が東京で決まると冬季五輪も日本国内で行われる事となる。
その為、大日本体育協会を中心に「冬季オリンピック会場選定委員会」が発足。そしてこの委員会が開催地選定を行ったのだが、立候補する地区がいくつも出てきた。立候補したのは札幌・日光・霧が峰・志賀高原・菅平・乗鞍で、委員会メンバーは全ての地区を視察してまわった。

条件として第一に挙げられるのは、スキーの他にスケートとボブスレー競技か開催できるかどうかであり、まず長野県の4つの地区は除外され、残ったのは札幌と日光。しかし日光は東京から近いというだけで、スキーやスケートの全国大会の実績が殆ど無い。それに対し札幌は大倉山シャンツェを筆頭に冬季競技の施設が充実しており、スケートの大会も数多く開催されているなど、実績が段違いであった事から、最終的に札幌に落ち着く事になった。
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-26 18:47

ガルミッシュ五輪と伊黒正次の7位(1936年)

1936年(昭和11年)2月6日、ドイツ・ガルミッシュ・パルテンキルヘンにて、第4回冬季五輪が開催された。

日本選手団は前年12月24日に東京駅を出発し、満州国を経由しシベリア鉄道でドイツへ移動、翌1月11日にガルミッシュ入り。パルテンキルヘンで駅に到着すると、駅前では現地の大勢のドイツ市民が出迎えた。ドイツスキー連盟のレフォート会長を先頭に、音楽隊の演奏も交えての盛大な出迎えで、当時の日独の親密な関係が伺える。

この大会は中欧ドイツでの開催とあって、冬季五輪では初めてアルペン競技が行われた。種目はアルペン複合(滑降・回転)。
滑降では、日本選手団に滑降の選手はいなかったが距離の関口勇・但野寛・関戸力の3人が出場。1位はジャンプ選手のビルガー・ルード(ノルウェー)で4分47秒4、日本勢の最高は関口勇が6分48秒。続く回転競技では地元のフランツ・プフニュール(ドイツ)が1位となり滑降とで総合1位で金メダル、ルードは5位で総合4位。日本勢は全員失格。
この結果を受けて、翌年の全日本スキー選手権でアルペン競技(滑降・回転・新複合)が採用される事になる。

距離競技では、予想に反して日本選手は惨敗の連続となった。

40kmリレー 1位→フィンランド(2時間41分33秒)、11位→日本(山田銀・関戸力・山田伸・但野寛、3時間10分59秒)
18km  1位→ラルソン(スウェーデン、1時間14分38秒)、49位→山田伸(1時間31分28秒)
複合競技1位→ハーゲン(ノルウェー、18km・240点、ジャンプ190.3点)、29位→関口勇
50km  1位→ウイクルンド(スウェーデン、3時間30分11秒)、28位→但野寛(4時間10分23秒)

「日本スキー発達史」では、日本選手団に同行していた岩崎三郎の手記が残されている。

「第4回冬季オリンピックを観て私は種々考えさせられた。そして、結局、わが日本が極東の孤島であることを悲しまざるを得なかった。

4ヵ年目に見る外国のスキー界は、想像以上に進歩をとげていたのである。まずスキーであるが、フィンランド等選手の1部を除いては、全部張り合わせのスキーを履いていた。このスキーはヒッコリー材の欠点である過重を除去し、しかもヒッコリーの持つ滑りと弾力を生かしている。表と裏にヒッコリーを貼り付け、中味に樺や松を使用して軽く仕上げしてある合板スキーである。締具はほとんどがウィッツを使用し、ベルゲンダールはアメリカ選手の1部と日本選手だけだったと思う。

竹の杖だけは日本が優れていた。しかし遺憾なことにはわが選手は、その優れた両杖を十分活用していたとはいえない。北欧の選手は、杖だけでスキーを押していくがごとき感じさえ与えた。だからスキーがよく滑る。スキーを滑らせているから、歩幅を思い切って大きくすることができ、したがって、一歩一歩の滑走距離を伸ばす事ができるのだ。彼らに比較すると、わが選手は足が軽快で動きが早い、見た目には早いようだが、実際は決して早くない。両杖が効いていないのだ。
これには理由がある。日本のコースがあまりに標高差が大きすぎ、また最近は狭い谷間や藪の中を取り入れすぎている。かかるコースで訓練された選手は必然的に両腕で杖を押す事よりも、足の動く選手に仕上げられる。外国のコースはどこへ行っても50kmでさえ標高差は400m以下だから、この点は根本的に考え直さなければならない」


最終日はジャンプ競技、当日は大変な賑わいで観衆は15万人に達していたという。日本選手では伊黒正次・安達五郎・宮島巌・竜田峻次の4人が出場、特に前回レークプラシッド五輪で8位を獲得していた安達の出番が来ると観衆が大きな声援を送られた。
1回目で安達が73m、伊黒が74mと記録を伸ばしたが、宮島は63m、竜田は73mを飛びながら転倒。
2回目は竜田がレコード更新を狙って77mを飛んだが着地の際に手が雪に触れてしまい失格、成功していれば当時の五輪新記録となる大ジャンプだった。そして期待の安達は2回目で転倒してしまい総合45位。残った伊黒正次が72.5を飛び総合7位を獲得、前年の安達より順位を1つ上げる結果を残した。

1位→ビルガー・ルード(ノルウェー、75m、74m)、7位→伊黒正次(74.5、72.5)

しかし結果をみれば、入賞者が出なかった事から期待はずれの感は否めず、関係者は落胆した。この結果についてジャンプトレーナーの秋野武夫は「日本スキー発達史」でこう話す。

「私たちは今までジャンプの空中姿勢を前部・中部・後部に分けて研究していました。後部というのは着陸前の準備を示す瞬間を指し、中部で美しい浮力を出していた前項姿勢を多分にもどし、着陸の為の準備に移っていました。
ところが外国の一流選手は、殆ど前半と後半の2つしかなく、着陸準備の瞬間もあるにはありますが、わが選手のようにはっきりしておりません。つまり彼らは、美しい前項姿勢を殆ど戻すようなことはせず、そのままで静かに安定した着地をし、前足に体重をかけたまま堅実な姿勢で平地に移っていきます。
わが選手は静かながら非常に強い踏切をし、前項姿勢は決して劣らぬ角度を示し、前部での空中抵抗を減少し、中部で浮力を得てよく飛行曲線を伸ばしていました。しかし、後部になると、この美しい立派な姿勢を急激に起こして後足に体重をのせ、不安定な着地をしていたのであります。

このためオリンピックでも、龍田選手のごとく新記録的な長距離をしながら転倒に終わったのはなんとしても残念な事でした。
この原因はわが国のジャンプ台が、いずれも着陸点がはなはだ楽な所にあるよう造られているからです。オリンピア・シャンツェを例に取りますと、この台は80mの着陸予想であるにもかかわらず、80m以上飛んでいます。このような台が日本には少ない為に、選手が空中で、台の最大限を飛び、または飛び越すために恐怖を感じ、急に今までの前項から体を起こすことに原因します。
さらにわが国では急斜面の練習台が多く、緩斜面の練習台で練習するだけの余裕を持ち得なかったのでした。緩斜面(20度から30度くらいまで)の着陸面を練習する利益は、着陸姿勢が堅固になる事と、多少飛びすぎる台でもあわてる事無く、その上スキーをよく揃えるようになります。急斜面では多少スキーは不揃いであっても立つことはできますが、緩斜面では着陸面の衝撃が大きいのでスキーが不揃いでは立つ事が困難になります。
したがって日本の選手にもっと緩斜面での練習をさせておくべきだった、と私自身経験と自信のなかったことを残念に思います」

[PR]
by wataridori21 | 2009-08-26 07:42

ガルミッシュ五輪の日本代表選手選考(1935年)

昭和10年(1935年)、ドイツで開催されるガルミッシュ五輪を翌年に向かえ、全日本学生選手権と全日本選手権はいずれも北海道で行われた。

1月19日、第8回全日本学生選手権が小樽で開催。各競技ともに早大・明大が強く、この2校が上位をほぼ独占していったのに対し、地元の北大・小樽高商が低迷。特にかつて無敵を誇った北大スキー部の落ち込みが目を引く。

距離45km 1位→坪川武重(早大、4時間28分27秒)2位→井浦正雄(日大)3位→関秀雄(明大)
距離18km 1位→野崎壇一(早大、1時間53分55秒)2位→三上保(北大)3位→安味貞信(明大)
複合競技  1位→安味貞信(明大)2位→可児久男(早大)3位→森敏雄(明大)
ジャンプ競技 1位→竜田峻次(早大)2位→森敏雄(明大)3位→宮島巌(小樽高商)
40kmリレー 1位→早大(野崎壇一・山口靖夫・可児久男・坪川武重)2位→明大、3位→北大

2月9日、3日間の日程で第13回全日本スキー選手権が札幌で開催、これはガルミッシュ五輪の選手選考を兼ねた大会であったが、清水麟一と前回大会の距離優勝者・箕輪正治が欠場している。
距離60kmで大夕張炭鉱から初参加の岡崎作治が1位に入り、大会関係者を驚かせた。しかし五輪選考では年齢制限にかかり落選している。
大会全般に荒れ模様の天気で、特にリレーでは早大・明大がワックスの失敗などで総崩れとなり青森林友が優勝する番狂わせが起った。

距離60km 1位→岡崎作治(大夕張炭鉱、5時間22分22秒)2位→岡山忠雄(泊居)3位→但野寛(旭鉄)
距離17km 少年1位→中村井三郎(名寄中、1時間25分54秒)成年1位→山田伸三(青森林友、1時間20分23秒)壮年1位→南留三郎(札商、1時間36分7秒)
複合競技  少年1位→栄野三郎(豊原府)成年1位→関口勇(若老会)壮年1位→高橋源三(盛岡)
ジャンプ競技 少年1位→亀森隆(北海中、38.5m、56m)成年1位→安達五郎(札鉄、58m、59m)壮年1位→秋野武夫(34.5m、35m)
32kmリレー 1位→青森林友(立田清・神田太郎・山田銀蔵・山田伸三、2時間57分25秒)2位→明大、3位豊原

2月11日、五輪選手の選考が行われ15名が1次候補に選出。3月17日から29日まで小樽で合宿を行い、4月27日に東京で2次審査が行われ、五輪選手メンバーが次の通りとなった。

監督→広田戸七郎
トレーナー→秋野武夫(飛躍)、高橋昴(距離)
選手・飛躍→安達五郎(小樽中出)、竜田峻次(早大)、宮島巌(小樽高商)、伊黒正次(北大出)
選手・複合→関口勇(北海商出)、関戸力(小樽商業)
選手・距離→山田伸三(青森林友)、山田銀蔵(青森林友)、岡山忠雄(樺太泊居)、但野寛(旭川中出)
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-24 07:23

「万国スキー大会」と五輪強化合宿(1934年)

昭和9年(1934年)2月、スイスのウェンゲンにて開催された「万国学生スキー大会」に日本選手6人が出場した。

全日本学生スキー連盟による選手派遣で、監督に宮川恒雄・三沢竜雄、付添いに佐々木直、選出された選手は清水麟一(早大)・木越定彦(明大)・逸見徳太(明大)・栗山巍(早大)・四ツ谷勇(小樽高商)・竹内正勝(法大)。
費用は各自が500円を自己負担し、長尾欽弥(わかもと製薬創業者)が寄付した1万円と合わせてまかなったが、移動手段は往復ともに船で、当時は片道だけでも35日かかる船旅だけに一行は多くの苦労を伴った。

一行は昭和8年12月13日に出発し、翌年1月20日にマルセイユ到着、翌21日にウェンゲン入り。2月9日、万国学生スキー大会が開幕。しかし中欧・スイスはアルペンスキーが盛んな土地柄で、距離競技では有望株はほとんどなく、距離16kmで1位が木越(1時間15分47秒、ちなみに2位ガンセルは1時間16分55秒)、4位が清水、6位が逸見。
16kmリレーでは1位がドイツ(ミュンヘン大学、2時間20分33秒)、2位がスイス(チューリッヒ大学、2時間23分49秒)、3位が日本(清水・木越・栗山・四ツ谷、2時間23分50秒)
ジャンプ競技では、1位がグッドルムセン(ノルウェー、46m、48.5m、48m)、2位メヒラー(ドイツ)、3位竹内(41.5m、45m、44.5m)

大会終了後、ドイツのガルミッシュ・パルテンキルヘンに移動し、2月24日から3日間の日程で開催された日独学生スキー対抗競技に出場し、長距離で清水が1位となっている。ガルミッシュは2年後の冬季五輪の開催都市でもあり、宮川監督らは現地の有力者と懇談して施設等の情報収集を行った。

一行は3月3日にマルセイユから乗船、4月6日に帰国した。

一方、国内では例年通りにスキー大会が開催された。1月20日に北海道・札幌にて第7回全国学生スキー選手権、2月3日に新潟県小千谷で第7回神宮スキー大会、2月9日に青森県大鰐で第12回全日本スキー選手権が開催された。

そして3月20日、北海道・札幌で2年後のガルミッシュ五輪候補選手による、1週間の強化合宿を行った。メンバーは次の通り。

監督→高橋次郎、錦戸善一郎
距離トレーナー→高橋昴
ジャンプトレーナー→秋野武夫
選手→坪川武光(道庁)、関戸力(道庁)、安達五郎(札鉄)、関口勇(北大若老)、三上保(北大)、伊黒正次(北大)、箕輪正治(小樽)、浅木武雄(小樽)、伊藤英夫(樽中)、中村新一郎(青森)、広島精二(青森)、山田銀蔵(青森)、立田清(青森商)、竜田峻次(早大)、可児久男(早大)、吉田靖雄(豊原中)、菊池富蔵(大泊中)、府栄野三郎(豊原)、但野寛(旭鉄)、野口正二郎(小樽高商)、橋本道政(美濃)、安味貞信(名寄中)、村井三男(名寄中)、駒井三郎(美唄)、杉本辰夫(札一中)、安藤稔(札一中)、工藤巌(札一中)、長谷場国道(札一中)、三瓶重成(札商)、中川信利(札商)、由月清夫(札商)、坂田時人(札商)、山口靖夫(札二中)、駒野毅夫(北中)、久慈庫男(北中)、亀森隆(北中)、渡辺敏雄(旭中)、山崎友吉(樽商)、若本宇之吉(ホッパー)、高木幸治(札師)、園部政晴(群馬)、山口長寿(群馬) 

合宿の内容は、朝7時に起床、体操のあと8時に朝食、飛躍班は9時、距離班は10時に練習に出発、午後3時まで練習、午後5時夕食、午後7時から学科と指名による体験談・感想の発表、午後10時に体操をして就寝。
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-23 06:06

ホルメンコーレン大会への出場(1933年)

昭和8年(1933年)1月20日、北大スキー部長の大野精七はノルウェーで開催されるホルメンコーレン大会に出席する為、オスロに飛んだ。

ホルメンコーレン大会とは、北欧で1892年(明治25年)に創設された歴史ある大会で、この年には日本へも招待状が届いてきた。大野は栗谷川平五郎(札幌鉄道局)と宮村六郎(北大生)の2人を同伴させ、1月20日に東京を出発。敦賀港からウラジオストクに渡り、シベリア鉄道でベルリン、そして2月10日にオスロに到着した。

「日本スキー発達史」によると、当時のオスロの夕刊紙にこんな記事が出ていたという。

「ホルメンコルン大会を目指してはるばる東洋から、大野博士に引率されて二名の選手が到着した。その中の1人は栗谷川だ、彼はレークプラシッド・オリンピックの時、ノールウェー選手と一緒に練習したので顔馴染みも多い。オリンピックの18kmで、わがクリスチャン・ホフデ選手が『日本選手に負けたらスキーを食べてみせる』と豪語した。ところが彼は以外にも栗谷川選手に負けてしまった。栗谷川選手の今度の来朝は、ホルメンコルン大会の出場とともに、ホフデが約束通りスキーを食べたかどうかを見に来たのだ」

日本の2選手は距離50kmに出場、1位ウエスタッド(ノルウェー)が3時間36分25秒に対し、栗谷川が約40分遅れの74位、宮村は99位だった。
17kmでは1位がヘイキネン(フィンランド)1時間18分9秒に対し、栗谷川が1時間24分31秒の39位。
複合では宮村が出場し、17kmで1位ハーゲン(ノルウェー)が1時間9分50秒、宮村は1時間25分27秒で71位。ジャンプではクリスチャンセン(ノルウェー)が42.5、48.5m。宮村は1回目に36mを飛んだが2回目で転倒。宮村はオスロでの様子をこう話している。

「ジャンプの練習設備はどうしても地方や田舎よりオスロ市街近くの方が発達しています。郊外を歩くと至る所シャンツェだらけという感をうけます。5,6mの小さなものから50m台の大きなものまであります。そしていずれもカンテの高いのが特長で、30m以上の台はたいがい3m近く、したがって飛び出しての前半はもの凄く高い、そこで彼らは各自の技術に従って、このたくさんある大小のジャンプ台で練習する。
一足飛びに大きな台に行かず、順次に階段を経て大きな台の経験を得るようにします。わが国でもできるだけ1つのスキー場で、大小幾つかの違った台を作りたいものです。

尚、オスロ郊外には照明つきの、夜間でも使用できるシャンツェもあり、その設備は至れり尽くせりです。ある日曜日に、第二世のジャンプ大会がありましたが、ナント参加者は600名で、2組に分けて競技を行っていました。盛んなるかな第二世です」


ホルメンコーレン大会終了後、現地のヘルセット大尉とともにフィンランドに渡り、ラハティで行われた国際スキー競技会に出場。そしてストックホルム、ベルリンを経て、ロンドン発神戸行きの郵船靖国丸に乗船、4月30日に帰国の途についた。

国内では長野県飯山にて1月21日、2日間の日程で第6回全日本学生スキー選手権、そして北海道札幌にて2月10日から3日間の日程で、第11回全日本スキー選手権が開催された。
全日本選手権は第4回宮様スキー大会を兼ねて開催され、ジャンプ競技では大倉山シャンツェが使用された。この時は地元のNHK札幌が大会の模様をラジオ中継し、10日は開会式を午前8時30分から40分間、12日にはジャンプ競技を午前10時から11時58分、距離(リレー)を午後1時から4時30分まで完全中継した。大会での観客は多く、距離50kmでは零下15度の寒さの中、実に約19kmに渡ってコースサイドは応援する人見る人の列が続いたという。
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-23 04:34

「大倉山シャンツェ」の完成(1932年)

昭和7年(1932年)1月16日、北海道札幌にて全日本学生スキー選手権大会が開催された。

「大倉山シャンツェ」のお披露目となったのがこの大会である。大倉山シャンツェは、ノルウェーのヘルセット中尉が昭和4年3月に設置場所を決め、昭和6年7月に着工、10月6日に完工。完成当時は助走路が6m、全長100m、ランディングバーンは幅が10~13mで長さは130m、ブレーキングトラックは150m、工事費は当時の金額で5万48円だった。

大倉山シャンツェは完成後は札幌市に寄贈され、翌年1月16日の選手権大会初日に開場式が行われた。札幌市の橋本正治市長(札幌スキー連盟会長も兼務)はこのジャンプ台を「大倉山シャンツェ」と命名。当初は「札幌シャンツェ」の案があったが、橋本市長と佐上北海道知事が、建設費を投じた大倉喜七郎の好意に報いる意味で、この名称を選んだという。

この選手権でのバッケンレコードは、北海道大学の山田四郎が出した44.5m。この後の2月に行われた全国中学校大会ジャンプ競技で、札幌一中の松山茂忠が51.5mを飛んだ。それまでの日本記録は、昭和4年に伴素彦が赤城山シャンツェで飛んだ48mであり、この時から大倉山は日本記録のシャンツェとして有名になったのである。

選手権での結果は次の通り。
距離50km 1位→黒田敦(北大)、2位→清水麟一(早大)、3位→藤沢伸光(早大)
距離18km 1位→宮村六郎(北大)、2位→奥井由雄(北大)、3位→木越定彦(明大)
複合競技  1位→宮村六郎(北大)、2位→奥井由雄(北大)、3位→四谷勇(小樽高商)
ジャンプ競技1位→山田四郎(北大)、2位→奥山欣一(早大)、3位→伊黒正次(北大)
32kmリレー1位→早大(二ツ山勝一、宇田正、藤沢伸光、清水麟一)、2位→北大、3位→明大

翌2月5日、長野県野沢温泉で第10回全日本スキー選手権大会が開催。この大会は神宮スキー大会(冬季国体の前身)を兼ねて行われた。全国大会ということで、北海道・樺太や西日本の選手の移動の困難さを考慮して神宮大会と全日本選手権を兼ねて行ったのである。
しかしこの大会では初日前日から吹雪となり、50kmでは出場者48名の内20名が途中棄権(1~3位が北大選手で占められたが、レース中は3人揃って交互にラッセルしながら進み、ゴールも3人並んでゴールしたという)。ジャンプでも強風に煽られ、記録は伸びなかった。

距離50km 1位→宮村六郎(北大)、2位→奥井由雄(北大)、3位→黒田敦(北大)
距離18km 幼年1位→松橋朝一(中央電気)、成年→宮下義明(中央電気)、壮年→横浜荘(青森林友)
複合競技  幼年1位→古川正雄(青森)、成年→奥井由雄(北大)、壮年→高橋源三(盛岡)
ジャンプ競技幼年1位→小島謹也(札幌商業)、成年→奥山欣一(早大)、壮年→高橋源三(盛岡)
32kmリレー1位→中央電気スキー倶楽部(岡本重五郎、後藤五一郎、松橋朝一、宮下博)、2位→早大、3位→上古志スキー倶楽部
16kmリレー1位→高田中学(野崎、築田六郎、広川悦朗、可児久男)、2位→札幌一中A組、3位→長岡商業
女子4kmリレー1位→真岡高等女学校(外木ツル、中野仙子、西村智子、木村ツナ)、2位→豊原高等女学校、3位→小千谷小学校
回転競技  1位→富井憲治(野沢)、2位→広川悦朗(高田中)、3位→園部政晴(群馬)
滑降競技  男子1位→青柳広(長商)、女子1位→外木ツル(真岡高女)
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-22 07:16

レークプラシッド五輪と安達五郎の8位(1932年)

昭和7年(1932年)2月4日、アメリカ・レークプラシッドにて第3回冬季五輪が開催された。

日本選手団はまず、同年1月にカナダ・バンクーバーで合宿に入ったが、ジャンプの関口勇が体調を崩し、しばらくバンクーバーで静養していたが結局回復せずに帰国。そして一同はレークプラシッド入りしたが、ここで、同じジャンプの安達五郎が練習中に転倒して負傷、ただしこれは軽傷で済んだ。
この年のレークプラシッドは雪が少なく、五輪大会の延期も検討されたが、開幕2日前に積雪があり予定通りに開催された。各競技ともに優勝候補はノルウェー選手で、総監督はあのオラフ・ヘルセット(この時は大尉に昇格)だった。

まず距離18kmで1位がウッテルストロム(スウェーデン)で1時間23分7秒、日本の栗谷川平五郎が12位で1時間31分34秒。15位が坪川武光、17位が保科武雄。

複合競技では18kmで栗谷川が3位、坪川が5位につける大健闘を見せた。メダルの期待がかかったジャンプではあったが、栗谷川は1回目で空中でバランスを崩し転倒し、2度目は成功したが20位。坪川は2度とも着地は成功したが飛距離は伸びず15位。ちなみに1位はグロッドムスブラーテン(ノルウェー)で、1位から4位までがノルウェー勢で占められた。

ジャンプでは、1位がルード弟で1回目66m、2回目69m。そして安達五郎が1回目60m、2回目66mを決め、8位を獲得。日本選手による冬季五輪の入賞者は、これが初めてである。ちなみに28位に高田与一、32位に山田勝巳。
ジャンプ競技での様子を「日本スキー発達史」の中で、麻生武治監督が手記を残している。

2月12日のジャンプの日は今回のオリンピック中第一の人手であった。町からジャンプ台までの2哩半の街道は自動車が陸続と続き、競技場のスタンドは定刻前、立錐の余地なく埋まってしまったのである。前日からの暖気はますます雪を緩ませ、アウトランには大水溜りができる始末で、水はけを造りトラックで雪を運んできてそれをまき、踏みならすため定刻の2時を過ぎる事45分、ようやく競技が開始された。

名立たる世界有数の飛手に交じって若冠安達がどこまで奮闘するかがわれわれの希望であった。参加者35名、この台のレコードが61m半だというのに、第1回から65,6mの飛距離を出すではないか、選手達はもとより、見るものもまたその雰囲気に引込められて緊張せずにはおられない。12番のベックが71m半を出した時には歓声が満場の観客の口から起って森にこだました。

安達は23のゼッケンをつけて軽く60m飛んで、安定な空中と確実な着陸には余裕さえも伺われて、第2回はアプローチが日陰になっただけにスピードが出て、ビルゲルルード69m、オイモン67m、カウフマン65m半とそれぞれ飛距離を増している中で、安達も66mを立派に飛んで8位を獲てしまった。

飛距離でも飛型でも堂々北欧のジャンパーに仲間入りしたのは、わが安達と、スイスのカウフマンで、他はがったり落ちる。これからの日本が安達ほどのジャンパーを続々育てることができれば、オリンピックの争覇もそう遠いことではあるまい。


最終日は距離50kmだったが、雪不足の為コースを25kmを2周する方法を取り、スタート時間もコース整備に時間がかかり3時間遅れとなり各国の選手達は空腹に苦しみ、落石、倒木で負傷者も続出。出場者31名のうちゴールできたのは20名のみであった。1位はサーリネン(フィンランド)4時間28分、上石巌が17位で5時間19分31秒、岩崎三郎が18位で5時間21分40秒。栗谷川・谷口は途中棄権となった。

大会終了後の3月10日、日本選手団は郵船横浜行きの竜田丸で帰国。費用の関係でレークプラシッド以外のスキー場へ立ち寄る事はなかった。
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-20 07:16

レークプラシッド五輪代表選手の選出と菅平合宿(1931年)

昭和6年(1931年)の日本スキー界は、翌年のレークプラシッド五輪を控えており、選手のレベルアップが期待されていた。

翌年1月17日、第4回全日本学生選手権が開催。長野県飯山で行われ、これまでのジャンプ・北大、距離・早大の時代に、距離に明治大学、ジャンプに法政大学の選手が上位に食い込んできた。緒方七郎・栗谷川平五郎・神代保男らが台頭してきたのである。
40km 1位→緒方七郎(明大)、2位→清水麟一(早大)、3位→横山平一郎(明大)
18km 1位→栗谷川平五郎(明大)、2位→矢沢武雄(早大)、3位→坪川武光(早大)
複合 1位→栗谷川平五郎(明大)、2位→矢沢武雄(早大)、3位→坪川武光(早大)
ジャンプ 1位→神代保男(法大)、2位→山田四郎(北大)、3位→出野久満治(早大)
32kmリレー 1位→早大(坪川武光、清水麟一、矢沢武雄、岩崎三郎)、2位→明大、3位→法大

2月7日、第9回全日本スキー選手権大会が樺太豊原で開催。しかし再び日本最北端の樺太開催であり、この年は積雪量が少なく、距離では晴天ながら零下18度の寒さと薄雪のコースが氷結、さらにジャンプでは風速15mの中でのレースとなり、選手達は多くの苦労をともなっての競技を強いられた。ちなみにこの大会で、初めて距離で50kmが採用され、18km・複合などは幼年(18歳以下)・成年・壮年(30歳以上)の3組に分かれて行われた。リレーで地元の、それも中学チームが優勝した為、会場は大いに沸いたという。

50km 1位→上石巌(高田フラタナル)、2位→田沢義雄(法大)、3位→清水麟一(早大)
18km 1位→松崎朝一(妙高)、2位→斉藤富夫(大泊中学)、3位→栗谷川平五郎(明大)
ジャンプ 幼年1位→安達五郎(小樽中学)、成年1位→牧田光武(樺太中央)
複合 幼年1位→一戸健次郎(青森)、成年1位→佐藤豊治(豊原中)
32kmリレー 1位→豊原中学(土田正雄、森口利夫、永島群一、小林義見)、2位→早大、3位→明大

全日本選手権の終了後、樺太豊原で翌年2月に行われるレークプラシッド五輪の出場選手選考が行われた。委員は稲田昌植・黒崎三市・村上敏郎・小川勝次・麻生武治・広田戸七郎・鶴見宜信・吉岡竜太郎・中川新・大野精七・横山賢市・目黒乙治郎・木原均。そこでの1次審査で10名、それ以外に10名の候補を含めて20名を選出。

3月14日、東京で選手・役員が集まり、長野県菅平へ移動、そこで10日間の合宿をおこなった。冬季五輪に向けて合宿を行うのは、これがはじめてである。この合宿の中で2次審査が行われ、選出されたスタップ・選手は次の通り。

監督→麻生武治
トレーナー→保科武雄(旧姓矢沢)
距離→岩崎三郎(早大)・上石巌(高田中卒)・栗谷川平五郎(明大)・坪川武光(早大)・谷口金蔵(大泊り中卒)
ジャンプ→高田与一(樺太庁鉄)・牧田光武(樺太庁鉄)・関口勇(北海商卒)・安達五郎(札鉄)

距離で有望株だった松崎朝一(妙高)と斉藤富夫(大泊中学)は選から漏れた。当時の五輪では18歳未満は出場資格なしという規定があったためである。とくに斉藤はわずか5ヶ月足りなかった。

尚、五輪遠征費は2万円と算出され、文部省から奨励金として当時の金額で600円、大日本体育協会からは1万円の支給を受け、残りは連盟の加盟団体からの募金で対応。
しかしこの時、当時の犬飼毅内閣が金輸出禁止政策を打ち出し、その影響で為替レートが大暴落し、資金問題が起きた。この時は日本郵船に勤務していた各務良幸が選手団の往復運賃と米大陸横断鉄道乗車運賃を大幅に「圧縮」させ、鉄道省の河上寿雄が麻生・保科・牧田・高田・安達が鉄道会社勤務であることから、アメリカ・カナダ両国で彼らにフリーパスを出す対策を取り、これにより約5千円の節約に成功した。

そして12月24日、五輪初参加となるスケート代表選手も含めた日本選手団は、横浜から氷川丸でアメリカに旅立った。
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-19 06:32

「秩父宮殿下高松宮殿下御来道記念大会」(後の宮様スキー大会)の設立(1930年)

1930年(昭和5年)2月、北海道・札幌にて、後の「第1回宮様スキー大会」となる「秩父宮殿下高松宮殿下御来道記念大会」が開催された。

この大会が作られるきっかけとなったのは、昭和3年1月にさかのぼる。青森県大鰐で開催された「第1回全国学生スキー選手権大会」に秩父宮雍仁親王が臨席した。この大会で北海道大学スキー部が、特にジャンプ競技で圧倒的な強さで上位を独占していったのだが、これを目の当たりにした秩父宮親王が、当時の北大スキー部の西野睦夫マネージャーに北海道のスキー環境を尋ね、聞き入った。
これを聞いた北大スキー部長の大野精七は、友人の槇有恒(まきゆうこう、登山家で秩父宮親王の冬季スキーや登山に同行していた人物)を通じて、翌2月に北海道へ招待したい旨を伝えた。大野は大正15年手稲山に日本初の洋式山小屋・パラダイス・ヒュッテを建設しており、昭和2年にはスイス人2人の手でヘルベチュア・ヒュッテが建てられていた事から、ここに秩父宮親王を招きたいと考えたのである。

秩父宮親王は2月21日に札幌入り、22日には北大スキー部によるスキー大会、手稲山に登頂し2つのヒュッテで宿泊、それから札幌や北海道の一連のイベントを観覧。3月1日にニセコの青山温泉へ行き、3日に帰京した。
「宮様スキー大会70年史」(札幌スキー連盟)には秩父宮親王が残した言葉が残されている。

「将来日本で冬季オリンピックを開催するとしたら、山が近い上雪質に恵まれ、しかも大都会で大学もある札幌をおいて他にない。そのためにはオリンピック用のシャンツェが必要だ。良い場所をみつけ、設計をして送ってくれれば、わたしが造れるようお世話しよう。
そうなると洋式ホテルも当然必要になってくる。それに北海道は芝がいいからローンテニスコートを作って、デビスカップを誘致するのもいいじゃないか」

大野氏が定山渓温泉を取り囲む1,000m以上の山々にヒュッテを造り、市民を気軽にスキーツアーを楽しめるよう努力している、と申し上げると、宮様は「それはすばらしいことだ。私もひとつ作ろう。場所を選んで設計してほしい」といわれた。


親王の帰京後、大野は当時ジャンプ台の権威だった広田戸七郎に札幌でのジャンプ建設の話をすると、当時の日本の技術ではまだ不可能だった事から「オリンピック用の大きなジャンプ台を設計する自信はない」と返答だった。
しかし同年11月、全日本スキー連盟の稲田昌植会長、北大スキー部OBの木原均、そして秩父宮親王の3人が話し合い、帝国ホテル会長・大倉喜七郎にジャンプ台建設の依頼をした。大倉は快諾し、ジャンプ台の専門家を外国から招聘する事となった。そしてノルウェースキー連盟のヘルセット中尉の来日に繋がったのである。

昭和4年12月31日、ノルウェーのヘルセット中尉が来日し、日本全国のジャンプ台の建設・改造に着手。札幌には1月4日に入り、ヘルセット中尉は建設候補地を探しまわった。途中本州に渡った後再び札幌入りし、3月現在の大倉山シャンツェの場所に決定した。

そして同年12月7日、北海道スキー連盟が発足した。秩父宮親王の来道とヘルセット中尉のジャンプ台建設・改造など、北海道のスキー界に大きな動きがあり、関係者から道内のスキー普及のさらに進めようと機運が高まり、今回の連盟誕生にまで発展したのである。
そしてこの連盟発足のきっかけとなった秩父宮親王を称える目的で、記念スキー大会を設立する事になった。これが「秩父宮殿下高松宮殿下御来道記念大会」、後の宮様スキー大会である。

第1回大会は昭和5年2月11日に開幕、15・16日に続開の日程で行われ、荒井山が会場となった。
ジャンプ台は前年12月20日に竣工した、ヘルセット中尉の指導を受けた広田戸七郎が設計した記念シャンツェが使用されたが、他のジャンプ台に比べて大きく、エントリーした51人の中で参加したのは24人、さらに着地できたのは2人だけであった。距離は40km・18km、そして複合も行われたが、全体的に競技会というより、スキーフェスティバルのような雰囲気だったという。

その後の昭和7年(1932年)11月には大倉山シャンツェが完成し、宮様スキー大会の花形会場として利用され、このジャンプ台で日本記録が立て続けに誕生したため、「ジャンプ記録の大会」として有名になった。大会は毎年開催されるようになり、昭和13年の第9回大会は中止となったが、昭和19・20・21年といった終戦前後も中止される事なく開催。昭和23年からジャンプ競技の優勝者に秩父宮杯、長距離の優勝者に高松宮杯が送られる事となった。

現在宮様スキー大会は2009年で第80回を数える、歴史ある大会へと成長を続けている。
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-17 07:41

ハンネス・シュナイダーの来日(1930年)

昭和5年(1930年)3月15日、オーストリアからハンネス・シュナイダーが来日した。

「ハンネス・シュナイダー」の名はこの時すでに日本のスキー関係者の間では有名だった。彼は大正9年(1920年)にアルノルト・ファンクが製作した映画「スキーの驚異(Wunder des Schneeschuhs)」で主役を演じていて、大正10年(1921年)5月に東京のYMCAで公開したところ、彼のスキーテクニックの鮮やかさに多くのスキー関係者は魅了された。

そして大正14年(1925年)に「スキーの驚異」で使われた映像の写真をふんだんに掲載した同名の本が出版され、彼のスキー技術は「アールベルグ・スキー術」と呼ばれるようになった。アールベルグとは彼の出身地・オーストリアのチロル地方の名前である。

昭和5年3月、玉川成城学園が「シュナイダーとアールベルグ・スキー術」を出版。そして同時に玉川成城学園長の小原国芳がシュナイダー本人を招聘したのである。この際、小原は全日本スキー連盟に招聘の後援を依頼したが、連盟は「シュナイダーはプロスキーヤーではないか?」と疑念を持ち後援を断った。アマチュアの団体である連盟としてはプロと距離を置く立場を取っていたからである。ただシュナイダーの講習会や歓迎会には、多くの連盟関係者が出席していた。当時のスキー関係者にとって、彼は神様のような存在だったからである。

シュナイダーは3月15日の来日からすぐに長野県菅平に移動してスキーの公開実演を実施、そして池ノ平、野沢、青森県大鰐、北海道小樽、札幌、富良野と、僅か1ヶ月の間に精力的に講演会を行い4月に帰国した。

その中で、長野県野沢の講演会での模様を「日本のスキー技術70年史」(ベースボールマガジン社)では、こう書かれている。

シュナイダーが持参したスキーにはエッジが入っていた。シュナイダーを出迎えに村はずれまで行って、道の両側に並んでいる人達の中をシュナイダーのスキーを背負ってくるおじさんが「おい、見ろ見ろ、このスキーは、スキーの裏に金が入っているぞ」と盛んに吹聴しながら歩いてきた。人々は、初めて見る、この金具にびっくり。これは何の為のものかわからず、たぶん、滑ってもスキーの角が減らないためさ、ということになった。
ところが、器用で知られる野沢の時計屋さんが、これを見てさっそく柱時計のゼンマイを伸ばし、ビスの皿をもんで自分のスキーに取り付けたが、ひどくデコボコに波が打っていたのが印象的であった。

シュナイダー来日の際、野沢において五十回りという急斜面の長いスロープで模範滑走をやった。このスロープを記念してシュナイダー・スロープと名づけ、今日多くのスキーヤーに親しまれ、利用されている。また、シュナイダーがこのスロープを直滑降して、下のユートピア辺りでジャンプ・ターンでピタッと停止して見せたという話をよく聞くが、これは伝説であって、実際にはシュテム・ボーゲンとシュテム・クリスチャニアで滑り降りたのが本当のようである。
特に深い雪の中での回転法は、シュテム・ボーゲンが絶対的な強さと確実さを発揮したものであるが、それでも曲がりにくい重い深い雪のときには、ジャンプ・ターンをもってこれに挑んだ。このジャンプ・ターンも当時の花形の一つであった。


シュナイダーはその後、オーストリアのサン・アントンでスキー学校を創立しアールベルグスキー術の指導を行っていたが、1937年、ナチスドイツによるオーストリア併合が起き、ヒトラーから追放されてアメリカに亡命。
現地ノース・コンウェイで新たにスキー学校を創立、それまでアメリカではスキーがあまり普及していなかったが、この学校により、多くのアメリカ人スキー愛好家やスキー選手を育成する事となった。その後の1955年、心臓発作で急逝した。
[PR]
by wataridori21 | 2009-08-16 06:53