タグ:bjリーグ ( 3 ) タグの人気記事

bjリーグ・新潟アルビレックスBB VS東京アパッチ

CS・GAORAにてbjリーグをテレビ観戦した。

今日の対戦は新潟アルビレックス対東京アパッチ、東京・有明コロシアムにて開催された。
昨シーズンは2位に終わった新潟アルビレックスは今季は首位をキープ、対する東京アパッチは今季6位と低迷している。

試合は序盤から東京アパッチが奮起し、第1・2Q終了時で42-28と大量リード。しかしさすがに首位の新潟アルビレックス、第3Qは16-17、第4Qは20-24と後半は追いすがるがトータルでは78-69で東京の勝利。新潟にとっては、2位・大阪とは勝ち星が僅か1つだっただけに、痛い星を落とした。

試合終了後、東京アパッチのジョー・ブライアントヘッドコーチ(NBAのスーパースターであるコービー・ブライアント選手の父親)がファンに挨拶、

「これからもbjリーグをサポートしてください。bjリーグはとてもスペシャルなリーグです、と言うのも皆さんの地域に行って一緒に何かを出来ると思うからです。ですから、皆さんの地域で何かが出来るなら、ぜひ『東京アパッチ』にコンタクトを取ってください」

彼の言葉を聞き、今後の「bjリーグ」の存在意義について考えさせられた。
[PR]
by wataridori21 | 2007-01-13 21:23

bjリーグ・大阪エヴェッサVS富山グラウジーズ

CS・GAORAにてbjリーグの試合をテレビ観戦した。

今日は大阪エヴェッサVS富山グラウジーズの試合だったが、大阪は西ブロック、富山は東ブロックのチームで、この試合はプロ野球で言う「交流戦」と言うところか。
大阪エヴェッサは前年の優勝チーム、かたや富山グラウジーズは現在は最下位(新規参入チームという事もあるが)、戦う前から力の差のあるチーム同士の対戦だった。

とはいえ試合は接線となり、第4クォーターで一時大阪が大差のリードとなったが、富山が終盤に立て続けに3ポイントを決め3点差に追いすがり、タイムアップ直前に富山・ネイト・ジェームス選手の3ポイントが決まり69対69の同点で、試合は延長戦に。
延長戦開始直後は点の取り合いとなったが、そこから前年の覇者・大阪の実力が発揮され一気に引き離し86-80で試合終了。

試合後のインタビューで大阪・天日謙作ヘッドコーチは「富山さんはこれから気をつけないといけないチーム」と発言。

好ゲームだったね。
[PR]
by wataridori21 | 2007-01-07 00:00

プロバスケットボール・bjリーグ観戦

e0097997_20495048.jpg明日(1/6)からプロバスケットボールリーグ・bjリーグの後半戦が開始される。

bjリーグとは2005年に設立された日本初のプロバスケットボールリーグだ。1年目(2005-06)は、仙台89ERS、新潟アルビレックスBB、埼玉ブロンコス、東京アパッチ、大阪エヴェッサ、大分ヒートデビルズの6チームによるリーグ戦で開催され、プレイオフを経て大阪エヴェッサが初代王座についた。


2年目(2006-07)には富山グラウジーズと高松ファイブアローズが加わり、現在8チームによるリーグ戦が行われている。
現在の順位(12/24現在)は、1位・新潟、2位・大阪、3位・高松、4位仙台、5位・大分、6位・東京、7位・埼玉、8位・富山、となっている。参入1年目の高松はかなりの健闘と言っていい。

実は僕は去年、富山市総合体育館にて、富山グラウジーズ対大分ヒートデビルズの試合を生観戦している。その時の事を振り返ってみる。

その日は所用の帰りついでの観戦だったが体育館にいってみると、予想以上の観客を集めていた。日曜日だったとはいえ、約4500席の座席の2/3は完全に埋まっていて、特に指定席がほぼ埋まっているようだった。富山は新規参入チームと言う事で「物珍しさ」も手伝っていたのかも知れないが、いい傾向なのかな?
それにしてもカップルが結構いた。来る前は「バスケットといえば日本ではマイナースポーツ」と決めてかかっていたのだが、観客の層が意外と若い。

さて、試合開始。

もうスコアは忘れてしまったが、スピード感あふれる試合展開で息つく暇もない感じ。初めは両チームとも緩やかな点の取り合いをしていたが、途中からファールの応酬が続く。
大分側のフリースロー。写真を撮りやすいので、カメラを構える。すると、場内で歓声を挙げていたDJ(もちろん富山寄り)が叫ぶ。

「揺らせー!!」

同時に場内の観客が一斉に足踏み、ガタガタ、ガタガタ…震度4強くらいか?
すると「地震」に驚いたのか、大分の選手が外す(笑)、観客は歓声を挙げる。

2度目のフリースロー、DJが再び「揺らせー!!」ガタガタ、ガタガタ…

やめろ、揺らすな、

ピントが合わねえだろが!!

今度は決まった、1点。観客が落胆のため息。

試合結果は富山の勝利だった。
内容に関しては、富山チーム選手の豪快なダンクシュートの場面は印象的だったが、何しろ初めての観戦だったのでよく覚えていない(汗)
タイムアウトの際にはダンスチームがダンスを披露したり、前半戦終了後の休憩時間中に子供達の参加する「パン食い競争」があったり、観客を飽きさせない工夫が施されていた。
入り口付近では選手達のシューズ等のプレゼントコーナーがあったり、富山チームの選手名鑑やグッズが販売されていた。出来れば8チーム合同の選手名鑑もあるといいんだけれど…発行されてないのかな?


…思い出す限り書き出してみたが、まだ見落としているところもあるかも知れない。やっぱり何度も生観戦していかないと正確なところはまだ分からない。新潟か富山で試合があったら観にいこうかな♪

BSフジでは毎週金曜夜にbjリーグの特集が、CS・GAORAでは毎週土曜日の夜にリーグで注目のカードを1試合生中継するという。チェックしておくつもりだ。


…最近、僕自身「CSの宣伝マン」みたいになってきたな(笑)

※写真は開催場となった富山市総合体育館。
[PR]
by wataridori21 | 2007-01-05 20:46