ヴィッセル神戸(旧・川崎製鉄サッカー部)

1.川崎製鉄サッカー部時代

ヴィッセル神戸の前身は川崎製鉄サッカー部である。

川崎製鉄サッカー部は、岡山県倉敷市にある川崎製鉄水島製鉄所(現在はJFEスチール西日本製鉄所)が1966年に設立したサッカー部で、創部以来、地元の地域リーグの強豪として多くの実績を挙げてきた。そして1985年に全国地域リーグ決勝大会で準優勝を飾り、JSL2部への昇格を果たした。

1986年以降は1991/92年シーズンのJSL閉幕まで2部に止まり、1992年のJFL(ジャパンフットボールリーグ)設立時には2部に所属。1993年の1部・2部統合後もJFLで活躍を続けた。

そこへ1994年、兵庫県神戸市の市民団体が、「神戸市にもJリーグチームを」と川崎製鉄サッカー部に神戸市への移転を要請。これに対してチームは承諾、大手百貨店のダイエーを筆頭株主として運営会社が設立され、神戸移転も実現し、この時にチーム名も「ヴィッセル神戸」に変更した。

しかしその華々しい船出となった矢先の1995年1月に阪神・淡路大震災が起こり、被害を受けたダイエーは同年3月に経営から撤退してしまった。後ろ盾を失ったチームは地元・神戸市の援助を受けながら、緊縮財政での運営を余儀なくされた。
しかし神戸市出身でガンバ大阪の中心選手だったFW永島昭浩が、本人の希望で神戸に移籍し戦力が向上、同年JFLで6位と健闘、96年にはMFミカエル・ラウドルップの加入などがあり見事に2位に躍進、Jリーグ昇格を決めた。

2.Jリーグ時代(1997~2000年シーズン)

1997年、Jリーグ参戦1年目は9勝23敗で総合16位。
バクスター監督の下、フォーメーションは4-4-2。永島昭浩・ジアードの2トップ、中盤は左サイドが内藤潤、右サイドがラウドルップ、ボランチがビングリー・ビッケル、4バックが幸田将和・渡辺一平・海本慶治・吉村寿洋、GKが石末龍治。

1998年はFW金度勲の加入などがあったが9勝25敗で総合17位、しかしJ1参入決定戦では辛くもJ1残留を決めた。
1999年は12勝4分け14敗で総合10位、特に第2ステージで7位と健闘した。この時の川勝監督の敷いたフォーメーションは4-4-2。永島昭浩・金度勲の2トップ、トップ下に河鍚舟、左サイドに布部陽功、右サイドに吉村光示、ボランチに長谷部茂利、4バックに吉田恵・海本慶治・土屋従夫、GKに武田治郎。

2000年は11勝1分け18敗で総合13位。この年限りで地元・神戸市出身で36歳のFW永島昭浩が現役引退、第2ステージ最終戦では15,809人もの観衆がスタジアムを訪れたという。

3.Jリーグ時代(2001~2006年シーズン)

2001年はチーム始まって以来の盛況なシーズンとなった。京都パープルサンガからカズ(三浦知良)が移籍してきたのである。Jリーグ最高の人気を誇るカズの移籍により、9勝7分け14敗で総合12位と順位に大きな変動こそなかったが、ホームグラウンドの観客動員数は1試合平均13,000人(前年は平均7,000人台)を超える大盛況、キング・カズの存在感の目立ったシーズンだった。

2002年シーズンは10勝3分け17敗で総合14位、4年目を迎えていた川勝監督は途中解任した。
03年は8勝6分け16敗で総合13位となかなか順位を1桁台に入れることが出来ない。そこにチーム存続の危機が訪れた。同年11月、チームの運営会社「株式会社ヴィッセル神戸」が民事再生法の適用を申請、事実上、倒産したのである。

そこへ救いの手を差し伸べたのはインターネット事業の大手・楽天株式会社の創立者で地元・兵庫県出身の三木谷浩史。
彼は2004年2月、自身が経営する株式会社クリムゾングループにチームを落札させ、新たに運営会社「株式会社クリムゾンフットボールクラブ」を設立。これによりヴィッセル神戸は再出発したのである。

2004年シーズンは9勝9分け12敗で総合11位、そして05年は何と4勝9分け21敗で18位となりJ2降格が決まってしまった。大型補強が立て続けに失敗したり主力の故障があった事もあるが、この2シーズン中にイワン・ハシェック、加藤寛、松永英機、エメルソン・レオン、パベル・ジェハークと、次々と監督の首をすげ替える異常なまでの監督交代人事が大きく響いた。

2006年シーズン、再出発のJ2では25勝11分け12敗で3位となり、入れ替え戦を経て見事に僅か1年でJ1復帰を果たした。フォーメーションは4-3-3。近藤祐介・三浦淳宏・朴康造の3トップ、トップ下に栗原圭介、ボランチに丹波竜平・田中英雄、4バックに坪内秀介・トーメ・河本裕之・北本久仁衛、GKに萩晃太。

2007年シーズンは、大久保嘉人・榎本達也らの補強もあり、戦力が大きく伸びており、上位進出が期待されている。
[PR]
by wataridori21 | 2007-07-27 20:05


<< コンサドーレ札幌(旧・東芝サッ... アビスパ福岡(旧・中央防犯サッ... >>