ヴァンフォーレ甲府(旧・甲府サッカークラブ)

1.甲府サッカークラブ時代

ヴァンフォーレ甲府の前身は甲府サッカークラブである。
県立甲府第一高校OBが設立した「鶴城クラブ」がチームの始まりで、1965年に開幕した全国社会人サッカー選手権に参加した。この大会は、同年に開幕したJSL(日本サッカーリーグ)の下に位置し、1・2位になったチームはJSLとの入れ替え戦に参加できる特典があった(その後JSLに2部が設立した際に、この特典は廃止された)。結果はベスト8に終わったが、他の高校OBも加入して参加した為、この時にチーム名を「甲府サッカークラブ」に改称した。

1967年には、関東社会人リーグに参加。1969年には全国社会人サッカー選手権大会で優勝、70年にも準優勝を決めたが入れ替え戦でいずれも敗退。1972年にJSL2部が設立されると参加。しかしその後は1部昇格する事無く1992年のJSL閉幕を迎えた。

1992年に設立されたJFL(ジャパンフットボールリーグ)2部に参加、93年の1・2部統合後もJFLにとどまり続けた。

1995年、Jリーグ参加を目指してチーム名を「ヴァンフォーレ甲府」に改称し、同チームOBの塚田雄二新監督でJFLに挑んだ。しかし成績は9位と振るわず、その後も成績が上向くことなく1998年に4位の好成績につけると、オフにJ2が設立された事に伴い、同チームもJ2に参加。

2.Jリーグ時代(1999~年シーズン)

1999年、J2参加1年目は勝俣進監督の下、5勝4分け27敗で10位で最下位。フォーメーションは4-4-2で堀井岳也・大柴克友の2トップ、中盤は左サイドに渡辺晋、右サイドに金子誠、ボランチに斉木和人・阿井達也、4バックに木村哲昌・萩原慎也・仲田建二・石原大助、GKに坂本武久。

2000年は塚田雄二監督が復帰したが19連敗を含む5勝3分け32敗で11位で2年連続最下位。2001年はヘイス監督で臨んだが8勝2分け34敗で12位となり3年連続で最下位。

この時期にはチーム運営会社が経営危機に直面していた。1995年以来、スポンサーに有力企業がない為に毎年赤字を計上し続け、毎年有力選手を補強するが成績は伸びずシーズン終了後に選手が退団して戦力ダウン、翌年には連敗が続いて観客の減少。対策もままならず、2000年には有力な支援機関であった山梨県や甲府市が支援打ち切りを表明してしまう。

これにサポーターが存続希望の署名活動を展開、さらにJリーグの川淵三郎チェアマン(当時)が山梨県・甲府市に支援を要請した。それに対し同自治体は、存続条件として「広告収入5000万円、平均入場者3000人、サポーター会員5000人」を挙げた。

2001年に地元メディアグループ・山日YBSグループ取締役の海野一幸が社長に就任。同社長は就任後に県内各地を回り、小口のスポンサーを大量に獲得する方式で広告収入を獲得した。更に選手達には県内の各種イベントに積極的に参加させてPR活動をさせて、クラブのサポーターを年々増やし観客動員を増加させる事に成功。これにより2002年度のチームは単年度決算で黒字を計上出来るまでに回復させた。

2002年は大木武監督が指揮を執り、16勝10分け18敗で7位と躍進した。

3.Jリーグ時代(2003~2006年シーズン)

2003年は松永英機監督が指揮を執り、FW藤田健と新加入FW小倉隆史との2トップが機能して19勝12分け13敗で5位と更に躍進。
2004年も15勝13分け16敗で7位と、J2の中位を常に維持する成績を残せるようになった。

2005年は大木武監督が復帰し、FWに大宮からFWバレーが移籍と、万全の戦力でシーズンに臨んだ。フォーメーションは4-3-3。バレー・長谷川太郎・石原克哉の3トップ、中盤は左サイドに藤田健、右サイドに倉貫一毅、ボランチに奈須伸也、4バックに井上雄幾・津田琢磨・池端陽介・杉山新、GKに阿部謙作。
この年は19勝12分け13敗で3位となり、柏レイソルとの入れ替え戦に勝利し、念願のJ1昇格を果たした。
2006年、J1参入1年目は12勝6分け16敗で15位となり辛くも残留となった。


一時は破綻寸前だったヴァンフォーレ甲府も近年は安定した運営を続けている。
広告収入、クラブサポーター、1試合平均での観客動員数に大幅な改善が表れている。

2000年度は、広告収入が2600万円、サポーターが2698人、観客数が1850人
2005年度は、広告収入が2億4600万円、サポーターが5771人、観客数が6931人
※ちなみにJ1昇格1年目の2006年の1試合での平均観客数は12213人となっている。

現在では累積債務は解消されるには至らないものの、毎年黒字を計上する優良チームに変身した。これは他の財政難のチームからも大きな注目を集めており、予算の少ないチームなりの運営手法がある事を証明している。とても興味深いチームである。
[PR]
by wataridori21 | 2007-08-02 20:50


<< 大分トリニータ(旧・大分トリニティ) アルビレックス新潟(旧・新潟イ... >>