第14回アジアカップとイビチャ・オシム監督(2007年)

2006年7月、ジーコ監督の後任として、当時ジェフユナイテッド千葉の監督を務めていたイビチャ・オシムが日本代表監督に就任した。

オシム監督は、1990年のW杯イタリア大会で、当時ユーゴ紛争で混乱状態だったユーゴスラビアのサッカー代表監督を務め、ベスト8進出した経歴を持ち、2003年から日本のジェフユナイテッド千葉の監督を務めてきた人物。

就任会見でオシム監督はこう語った。

「いまの日本は故障した車のようなもの、その車を押さなければならない。進化を続ける世界のサッカーに追いつかなければならない。ただし、他の国のコピーではいけない」

就任早々、日本代表選手に「考えて走るサッカー」をスローガンに掲げ、代表チームの意識改革を推し進めた。

このスローガンについて、「FAIR PLAYの記憶」(フジテレビ製作)で元日本代表監督の森孝慈氏は、こう語る。

「え?走るのサッカーでは当たり前でしょ、え?考えるってのも当たり前でしょ、でもそういう事が足りないから、そういう言葉が出たんだな、代表選手に対して。

という事は、もうちょっと『難しい戦術がどうだ、こうだ』とか言う前に、やるべき事が抜けてたのかな、抜けてるのかな、という見方をちょっとしたんです。

だから、『もっと基本をしっかりやれ』、と。それが当たり前になって、その上で、いろんな作戦とか戦いとか、これからでてくるんじゃないかな、と」


8月、2月から続く第14回AFCアジアカップ・予選試合。グループリーグでの対戦相手はイエメン・サウジアラビア・インド。日本代表は6勝1敗でサウジアラビアと並んだが得失点差で予選を1位で通過。

8月16日 イエメン戦→2-0
9月03日 サウジアラビア戦→0-1
9月06日 イエメン戦→1-0
10月11日 インド戦→3-0
11月15日 サウジアラビア戦→3-1

明けて2007年6月、第28回キリンカップが開催された。対戦相手はモンテネグロ代表とコロンビア代表。2試合で1勝1分となり日本代表が優勝。

6月01日 モンテネグロ戦→2-0
6月05日 コロンビア戦→0-0

そして8月、第14回AFCアジアカップが開催された。今回のアジアカップはマレーシア・タイ・インドネシア・ベトナムの4カ国による共同開催となっている。その為各チームともに試合毎の移動・宿泊にかなりの困難をともなった。

日本のグループリーグの対戦相手はベトナム・カタール・UAE(アラブ首長国連邦)で、2勝1分でリーグ1位で決勝トーナメント進出を決めた。

7月09日 カタール戦→1-1
7月13日 UAE戦→3-1
7月16日 ベトナム戦→4-1

準々決勝の相手は、前年のW杯ドイツ大会で惨敗した相手オーストラリア。かつてオセアニアサッカー連盟に加盟していたが、AFC(アジアサッカー連盟)に移籍し、今回のアジアカップ初出場となったのである。既にヒディング監督は退任していたが、この大会での優勝候補の筆頭に上げられている強豪であり、日本にとってとても重要な試合だった。
やはりオーストラリアは強く、1-1のままPK戦にもつれ込んだが、4-3で辛くも日本代表の勝利となった。川口能活の好セーブがまた光った。

しかし準決勝で対戦したサウジアラビアに敗退してしまった。オーストラリア戦と同じベトナム・ハノイでの試合なので移動の負担が少なく、コンディション良く試合に臨んだのだが、この時期になると、中東やオセアニアの代表チームは国際的に力をつけてきており、日本代表もアジアの枠内でも安心できない状況になってきている。

その上、韓国との3位決定戦も、0-0のままPK戦にもつれ込み、5-6で敗退してしまい、韓国の勝利。アジアカップは残念ながら4位に終わってしまった。

7月21日 オーストラリア戦→1-1(PK4-3、準々決勝)
7月25日 サウジアラビア戦→2-3(準決勝)
7月28日 韓国戦→0-0(PK5-6、3位決定戦)

そして決勝はイラクとサウジアラビアのカードになり、29日・ジャカルタで開催された試合では1-0でイラクが優勝を決めた。イラクは2004年のアテネ五輪ではU-23代表がベスト4入りしていて、更に2006年のアジア競技大会では準優勝を決めていた。

今回のアジアカップは、中東のサッカーレベルが、非常にレベルアップしている事を印象付けた。確実に中東の代表チームがかつての力を取り戻しつつある事は、日本・韓国の両国ともに決勝進出できなかった事が、それを物語っている。

ともあれ、イビチャ・オシム監督も日本代表監督2年目を迎え、いよいよレベルアップが進んでいくのかと思った矢先の11月16日、千葉県内の自宅で急性脳梗塞で倒れ入院。数日後に日本代表監督を辞任、後任に1997~98年にかけて日本代表監督を務めた岡田武史が選ばれた。
[PR]
by wataridori21 | 2008-01-04 22:38


<< フィリップ・トルシエ(元日本代... W杯ドイツ大会・本戦(2006年) >>